翔んで埼玉/埼玉県民の反応は?映画を観た人の感想まとめ

ドラマ・映画
スポンサーリンク

「パタリロ!」の作者である、魔夜峰央さんのマンガを実写化した映画「翔んで埼玉」

埼玉県民をディスる映画として、話題となりました。

二階堂ふみさんとGACKTさんのダブル主演としても、注目を浴びたのです。

ひたすらディスられた埼玉県民は、不快な思いをしなかったのでしょうか?

翔んで埼玉を観た埼玉県民の反応が気になるところです

そこで今回は、翔んで埼玉の映画について埼玉県民の反応はどんなものだったのか、映画を観た人の感想もまとめていきます。

スポンサーリンク

翔んで埼玉/埼玉県民の反応は?


翔んで埼玉について、埼玉県民の反応はどのようなものだったのでしょうか?

翔んで埼玉について

翔んで埼玉は、埼玉県民をひたすらディスるという埼玉県を田舎扱いする、ユーモアたっぷりの作品です。

もともとはマンガが原作ですが、実写化して映画として公開されました。

埼玉県民が東京に行くには通行手形がなければならないと言ったり、埼玉県民を「ダ埼玉」「ク埼玉」「ドンク埼玉」などといじられる場面が多数あります。

それでも、埼玉県を活性化させようとする郷土愛あふれる内容となっています。

翔んで埼玉について埼玉県民の反応は?

「アホク埼玉」「ウサンク埼玉」など、いじられまくった埼玉県民は、さぞかし不快な思いをしているだろう…

翔んで埼玉の劇中では、「埼玉県民にはそこら辺の草でも食わせておけ!」「ああ嫌だ!埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」「三越は東京都民のいくところだ!埼玉県民は星友へ行け!」などというセリフもあり、さぞかし怒り狂っているだろう…

と思っていましたが、実はそうでもなさそうです。

これだけディスられた埼玉県民の反応はというと…

「埼玉いいところだよ。埼玉県民ディスられたって全然平気だよ。」

「埼玉県民はおおらかなんです。冷やかされても余裕あるしね。」

「埼玉県民は、ディスられたからってあまり相手にしてないよ。」

といったものでした。

あまり…どころか全くディスられたことを機にすらしていない様子。

埼玉県民って、本当に心に余裕のある人たちばかりなんですね。

この映画がきっかけで、埼玉県民の人間性が明らかになったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

翔んで埼玉/映画を観た埼玉県民の感想


翔んで埼玉の映画を観た埼玉県民は、どんな反応だったのでしょうか?

翔んで埼玉映画を観た埼玉県民の反応

翔んで埼玉の映画を観た、埼玉県民の反応はこちら。

「ありがとうといういう気持ちになりました。」

「ディスられるほど埼玉は愛おしい。」

「思わず笑ってしまいました。」

などなど…

本当に寛容な埼玉県民です。

翔んで埼玉SNSの反応は?

翔んで埼玉を観た人のSNSの反応を見てみましょう。

みなさん、かなり面白かったようです。

スポンサーリンク

まとめ

翔んで埼玉の映画について埼玉県民の反応はどんなものだったのか、映画を観た人の感想もまとめてきました。

この映画を通して、埼玉県民の懐の大きさがお分かりいただけたのではないでしょうか?

埼玉県ってとっても素敵なところなんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました