翔んで埼玉/千葉県民の反応は?映画を観た人の感想まとめ

ドラマ・映画
スポンサーリンク

「パタリロ!」の作者である、魔夜峰央さんのマンガを実写化した映画「翔んで埼玉」

埼玉県民をディスる映画として、二階堂ふみさんとGACKTさんのダブル主演を演じたことから、注目を集めたのです。

そんな翔んで埼玉を観た埼玉県民の反応も気になるところですが、実はこの作品に千葉県民も登場するんです。

千葉県民が翔んで埼玉についてどんな反応を示しているのか、これも気になりますね。

ということで、今回は翔んで埼玉について千葉県民の反応はどうなのか、映画を観た人の感想もご紹介していきます。

スポンサーリンク

翔んで埼玉/千葉県民の反応は?


翔んで埼玉について、千葉県民はどんな反応を示しているのでしょうか?

翔んで埼玉とは

翔んで埼玉とは、埼玉県民に対して「埼玉県民は通行手形がないと東京に入れない」とか「埼玉県民はそこら辺の草でも食っておけ!」などひたすらディスられる作品です。

その劇中で登場するのが千葉県民。

埼玉県民と千葉県民の戦いの場面があります。

ひたすらディスられる埼玉県民ですが、千葉県民に対しては対抗意識を持っているわけです。

劇中での埼玉県民と千葉県民の戦いで勝敗は決まりませんでしたが、埼玉県民同様、千葉県民も直接ではないけどディスられていますよね。

翔んで埼玉について千葉県民の反応は?

翔んで埼玉の劇中で、埼玉県民と千葉県民の戦いの場面がありました。

その場面で出てきたのが、有名ミュージシャン「YOSHIKI」

YOSHIKIさん、実は千葉県出身のようです。

YOSHIKIさん本人は翔んで埼玉には出演していないのですが、千葉県民の戦闘旗として出演していたのです。

そして、その事実をYOSHIKIさん本人は知りませんでした。

これって、YOSHIKIさんに対して失礼なのでは…

と思いましたが、当の本人は快く快諾。

「まーいいか。」

だそうです。

千葉県民も、YOSHIKIさんのように心が広いようですね。

スポンサーリンク

翔んで埼玉/映画を観た千葉県民の感想


翔んで埼玉の映画を観た千葉県民の反応は、どうだったのでしょうか?

翔んで埼玉の映画を観た千葉県民の反応は?

翔んで埼玉観た埼玉県民の反応は、批判的なものは全くなく逆に楽しかったとか嬉しかったというようなものばかりでした。

千葉県民はどうだったのかと調べてみましたが、これも面白いことに肯定的な感想ばかりでした。

ディスられるというのは、意外と嬉しいのもなのかもしれませんね。

ちなみに、この映画で埼玉県民はうらやましがられ、「自分たちの地域もディスってほしい」という他県民の声がたくさんあがっているんですよ。

翔んで埼玉の映画を観たSNSの反応は?

翔んで埼玉の映画を観た人たちのSNSの反応を見てみましょう。

みなさん、かなり興奮しているようです。

スポンサーリンク

まとめ

翔んで埼玉について千葉県民の反応はどうなのか、映画を観た人の感想もご紹介してきました。

翔んで埼玉の映画を通して、千葉県民の懐の大きさもわかりましたね。

他県民の人たちも、自分たちをディスってほしいという声まであがっています。

今後、新しい作品ができることも期待できそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました