シャトレーゼの手土産が失礼なのはなぜ?理由と実際に受け取った感想!

シャトレーゼの手土産は失礼なのはなぜ理由【画像】 シャトレーゼ
スポンサーリンク

シャトレーゼでは、ケーキなどの洋菓子、和菓子、アイス、ワインなど、豊富な種類の商品を取り揃えています。
そのラインナップは約400品にも及びます。
(※店舗により取り扱い商品は違います)

手土産用の詰め合わせセットなども多い為、ご挨拶やお返しなどにシャトレーゼの商品を選ばれている方も多いのではないでしょうか?

しかし、シャトレーゼの手土産が”失礼”だという声もあるようで、実際に「シャトレーゼ 手土産」と検索してみると「失礼」というワードが出てくることがわかりました。

なぜシャトレーゼの手土産が失礼だと言われているのか気になりますよね。

この記事では、シャトレーゼの手土産が失礼だと言われているのはなぜなのか、その理由と対処法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

シャトレーゼの手土産が失礼なのはなぜ?安価が理由?

シャトレーゼは、”お手頃”な商品が多くラインナップされています。

シャトレーゼの店舗数も多いため、その商品を実際に手に取り「値段」を知っている人も多くいるでしょう。

その為、世間的に「シャトレーゼ=安価な商品」というイメージが強く、それを手土産とすることが「失礼」だと感じるという人も少なからずいるようです。

ですが、シャトレーゼブランドは決して、その価値を「安売り」しているわけではないのです。

上記のように、手土産にシャトレーゼの商品を選ぶのはどうして失礼なのか?と疑問視している声もあります。

シャトレーゼでは、独自の生産・販売ルートを確保しているため、良品を低価格で提供することが実現しているのですが、その事実はあまり周知されていないようです><

予算や用途によって内容はそれぞれ異なるとは思いますが、シャトレーゼの全ての商品が安いわけではなく、一部商品(単品・またはセット)では結構高価な商品もあります。

見た目も上品なものから可愛い物までとても幅広い商品展開をしているのもシャトレーゼの特徴ですよね!

スポンサーリンク

シャトレーゼの手土産には失礼と感じるよりも喜びの声が多数

シャトレーゼの商品を手土産にすると失礼なのか・・・・

シャトレーゼを手土産として受け取った人の感想を調べてみたところ、失礼どころか「美味しい!」「嬉しい!」との声が多数ありました。

「前に食べた事があって美味しかったから」

「美味しいって聞いたから手土産に持って行こう」

など実体験や口コミでさらに評判は広がります。

シャトレーゼを手土産にすることが「失礼」という意見が一部見受けられるのも事実ですが、それ以上にシャトレーゼ商品は大勢の人に愛されているということがよくわかりますよね。

私もつい先日、シャトレーゼを手土産として頂きましたが、とっても嬉しかったです^^

「嬉しい!」「ありがたい!」という気持ちが先行するので、正直、商品の価格なんかは気になりませんし、頂いた事に対する感謝の気持ちのみで、「失礼」とは全く感じませんでした。

シャトレーゼが全国的に店舗数を拡大し続けていること、常にギフト商品が用意されているのも需要があり、喜ばれているからこそだと思います^^

スポンサーリンク

シャトレーゼの手土産に最適なおすすめ商品は?

店頭のギフトラインナップは、季節によって変わり、箱やラッピングも他の商品と違い“限定仕様”となることもあるので、要チェックです!

シャトレーゼの商品は、とにかくラインナップが豊富です。
自身の予算に合ったセット商品を選べばバランスも良いので間違いないでしょう^^

シャトレーゼで手土産を選ぶ際の注意点

ケーキには保冷剤(無料)、アイスにはドライアイス(有料)をつけることができますが、どちらも長時間移動の持ち運びには適していません。

保冷剤は20分程度しか持ちませんし、数を増やしても効果はほぼ変わりません。

夏期は気温が高くなる為、ケーキやアイスなど溶けやすいものは手土産を持参する「近郊の店舗」で購入することをおすすめします。

シャトレーゼの手土産を「安物」に見せない方法

既存のセット商品だけではなく、ばら売り商品を自由に詰め合わせて、自分だけのオリジナルなセットを作ることも可能です。

シャトレーゼの詰め合わせを自分で作る方法を詳しく知りたい方はコチラもご覧ください。
>>シャトレーゼの詰め合わせは自分で自由に作れる?

 

外装は、紙袋、ビニール袋、箱を選ぶことができ、一定数量あれば箱代は若干割高ですが「共通箱」を選ぶと一気に高級感が出ます。
(※各包装資材は有料になります。)

紙袋やビニール袋ではどうしても“チープ感”が出てしまいますが、「共通箱」は無料で包装したり、リボンをかけてラッピングすることも可能です。

単純に紙袋に入れるだけより“華やかさ”が出るので、ワンランク上に魅せることができますよ^^

また、シャトレーゼでは、”プレミアムシャトレーゼ”と呼ばれる「YATSUDOKI」というお店も展開しています。

「シャトレーゼの手土産って失礼なのかな・・・」とどうしても気になってしまう人は、YATSUDOKIで手土産を選んでみるのもおすすめです。

YATSUDOKIについて詳しく知りたい方はコチラもご覧ください。
>>やつどき/YATSUDOKIとシャトレーゼの違いは?取り扱い商品や店舗情報も
スポンサーリンク

シャトレーゼの手土産は失礼なのはなぜ?理由を調査!まとめ

シャトレーゼの商品を手土産にすると失礼と言われる理由や、そう思わない人の理由を挙げてみました。

シャトレーゼは”お手頃価格”な商品を豊富に販売しています。
ゆえに、「安価な商品」というイメージが先行しているのかもしれません。

しかし、シャトレーゼの商品を手土産に選ぶこと自体決して失礼なことだとは思えません!

実際に多くの方がシャトレーゼ商品を手土産として購入し、喜ばれているということもわかりましたよね^^

シャトレーゼ=安物というのはあくまでも“偏見”で、安かろう悪かろうではなくちゃんとしたファームファクトリーの良質な菓子メーカーです。

その手土産の値段が「安価」であるということよりも、沢山ある商品の中から自分のことを考えて選んで購入してきてくれた“心遣い”に対して感謝したいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました