カーネーションの切り花の寿命(日持ち)と長持ちさせるコツはある?

カーネーションの切り花の寿命(日持ち)と長持ちさせるコツ【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

母の日の贈り物に定番の、「カーネーション」

母の日が近くなると、店頭に色とりどりのカーネーションが並んでいるのをよく見ます。

カーネーションを見かけると、「あ、母の日だった」と母の日を思い出す人もいるのではないでしょうか?

カーネーションの切り花は、いろんな色が選べたりほかの花と混ぜて花束にすることもできていいですよね。

でも、カーネーションの切り花の寿命はどのくらいなのか気になるところ。

そこで今回は、カーネーションの切り花の寿命や長持ちさせるコツ、日持ちする品種についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

カーネーションの切り花の寿命(日持ち)はどのくらい?


カーネーションの切り花の寿命は、どれくらいなのか気になりますよね。

カーネーションの切り花の寿命は、1週間から2週間くらいです。

カーネーションを飾る場所にもよるのですが、カーネーションは暑さや湿気に弱いため、気温の高い場所に置いておくと枯れるのも早くなってしまうんです。

明るく湿気の少ない場所で飾っておけば、2週間くらいはきれいな花を楽しむことができるでしょう。

カーネーションに限らず切り花の寿命は1週間から2週間くらいといわれているので、カーネーションだけが寿命が短いというわけではなさそうです。

スポンサーリンク

カーネーションの切り花をキレイに長持ちさせるコツは?


せっかくキレイなカーネーションをもらったのですから、少しでも長持ちさせてあげたいですよね。

カーネーションの切り花を、キレイに長持ちさせるコツをご紹介します。

カーネーションの切り花をキレイに長持ちさせるコツは?

カーネーションの切り花の寿命を延ばしてあげるには、毎日の花のお手入れが重要です。

カーネーションの水切りをしてあげよう

カーネーションの切り花をキレイに長持ちさせるコツとして、水切りがあります。

水切りは、カーネーションの茎を切ってあげることで栄養をしっかり花までいきわたらせるようにすること。

カーネーションの切り花は、茎の先端から水を吸い取って花まで栄養を送っています。

なので、茎の先端がぶよぶよになっていたら栄養を吸い取ることができません。

カーネーションの水切りのコツは、水の中で茎を切ってあげること。

ハサミを斜めに入れることで茎の断面が広くなり、カーネーションの茎が栄養を吸収しやすくなるんです。

カーネーションの水切りは毎日する必要はありませんが、数日に1回は茎を切って栄養を吸収しやすくしてあげましょう。

カーネーションの水は常にきれいにしてあげよう

カーネーションの栄養は、水です。

カーネーションの水をそのままにしておくと、水に雑菌が繁殖してしまいカーネーションの寿命も短くなってしまいます。

カーネーションの切り花の水は、毎日取り換えてあげるようにしましょう。

カーネーションの切り花には延命剤も使ってあげよう

カーネーションの切り花は、水を毎日変えてあげることや水切りをしてあげることで長持ちします。

でも、水道水には雑菌が入っているためどんなに毎日変えてもカーネーションの寿命は限られてきます。

もっと長くカーネーションの切り花を楽しみたいという人は、「延命剤」がおすすめ。

ホームセンターなんかにも売っていますが、切り花を長持ちさせる栄養剤です。

カーネーションの切り花を刺している水に、延命剤を加えるだけでいいのでとっても簡単。

通常のカーネーションの寿命より、2倍は長持ちするんです。

カーネーションに限らずほかの切り花にも使えるので、買っておいて損はありません。

スポンサーリンク

カーネーションの切り花は日持ちする品種がおすすめ


カーネーションの切り花は、毎日の手入れで寿命を延ばすことができます。

そのほかにも、カーネーションには寿命が長い品種もあることをご存じでしょうか?

カーネーションの切り花は日持ちする品種がおすすめ

カーネーションの由来は、江戸時代にオランダから入ってきたといわれています。

その後日本でもいろんな交配が行われて、オリジナルのカーネーションが出来上がりました。

そんなカーネーションの品種で、日持ちする品種も開発されているんです。

カーネーションの切り花で日持ちするといわれているのが、「カーネ愛農1号」と呼ばれるスプレーカーネーション。

色は濃いピンク色で、とっても鮮やか。

花の寿命が長いことから、ウエディングなんかにも使われているのだとか。

カーネーションを家に飾るために購入するとか、母の日の贈り物として選ぶなら、ぜひこのカーネ愛農1号がおすすめです。

カーネーションは日持ちする花

カーネーションは、花の中でも日持ちが長い花だといわれています。

なので母の日のプレゼントはもちろん、自宅に飾るための花としてもカーネーションはおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

カーネーションの切り花の寿命や長持ちさせるコツ、日持ちする品種についてご紹介してきました。

カーネーションの切り花の寿命は、1週間から2週間。

毎日の水替えや、水切りをしてあげることでカーネーションを長く楽しむことができます。

カーネーションには、カーネ愛農1号と呼ばれる日持ちが長い品種もあるので、プレゼントに選ぶならカーネ愛農1号にするといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました