カーネーションの花言葉の意味は色別や本数で変わる?贈るシーン別に使い分けよう

カーネーションの花言葉の意味は色別や本数で変わる?贈るシーン別に使い分けよう【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

花の中でも日持ちが長いと人気の、「カーネーション」

母の日が近くなると、店頭に色とりどりのカーネーションが並んでいるのをよく見ます。

そんな母の日の贈り物として定番のカーネーションですが、カーネーションの花言葉の意味って知らない人意外と多いのではないでしょうか?

カーネーションの花言葉の意味は、色別や本数でも変わってくるんです。

カーネーションをプレゼントするときに、花言葉の意味を知っていたら役に立ちますよ。

そこで今回は、カーネーションの花言葉の意味は色別や本数でどう変わるのかを知って、カーネーションを贈る時はシーン別に使い分けられるようになりましょう。

スポンサーリンク

カーネーションの花言葉の意味は色別で変わる?


カーネーションには、いろんな色がありますよね。

カーネーションの花言葉の意味は、色別で変わってきます。

カーネーションの花言葉の意味は?

カーネーションそのものの花言葉の意味は、「無垢で深い愛」

母の日にぴったりの花言葉ですよね。

この花言葉にちなんで、結婚式やおめでたいシーンでも使われているんです。

カーネーションの花言葉の意味は色別で変わる?

カーネーションの花言葉は無垢で深い愛ですが、色別でもその花言葉の意味は変わってきます。

赤色

赤色のカーネーションの花言葉の意味は、「深い愛」「母への愛」

赤は、情熱のイメージする花言葉が多いもの。

母への愛という花言葉の意味があることから、赤いカーネーションは母の日にはぴったりの花ですね。

ピンク色

ピンク色のカーネーションの花言葉の意味は、「女性の愛」「感謝」

ピンクは赤に比べると、柔らかいイメージがあります。

感謝という花言葉があることから、母への感謝を込めて贈るのに最適です。

オレンジ色

オレンジ色のカーネーションの花言葉の意味は、「純粋な愛」「あなたを愛します」

純粋な愛というのは、母親の子供を想う愛情もしくは子供が純粋に母を愛する感情が現れていますね。

オレンジ色のカーネーションを母の日に贈るのも、喜ばれるのではないでしょうか?

黄色

黄色のカーネーションの花言葉の意味は、「美」「友情」「軽蔑」

黄色のカーネーションには美や友情といった花言葉の意味がありますが、一方で軽蔑という花言葉の意味もあるので、注意が必要。

黄色が好きな母親になら、プラスの花言葉の意味を込めて贈るといいかもしれませんね。

紫色

紫色のカーネーションの花言葉の意味は、「気品」「誇り」

紫色って、高貴なイメージがありますよね。

年配の母親へのプレゼントに、喜ばれそうです。

白色

白色のカーネーションの花言葉の意味は、「純粋な愛」「あなたへの愛は生きている」

何色にも染まらない白いカーネーションは、純粋な愛という花言葉がぴったり。

「亡き母を偲ぶ」という意味もあるので、母の仏壇に供える花としてはよさそうですね。

濃い赤色

濃い赤色のカーネーションの花言葉の意味は、「欲望」「心の哀しみ」

同じ赤でも濃い赤は、花言葉では「黒色」ととらえがち。

個性的で、この色が好きな人もいます。

でもあまりポジティブなイメージの花言葉はないので、プレゼントには不向きかもしれませんね。

青色

青色のカーネーションの花言葉の意味は、「永遠の幸福」

青色のカーネーションは、店頭でなかなか見ることができません。

「ムーンダスト」という品種に青色が存在するのですが、とても珍しいんです。

珍しい品種なだけに、花言葉も永遠の幸福。

青いカーネーションを見つけることができたら、ぜひ贈ってあげましょう。

スポンサーリンク

カーネーションの花言葉の意味は本数でも変わる


カーネーションの花言葉の意味は、色別でもだいぶ違ってきていますよね。

カーネーションの花言葉の意味は色別だけじゃなく、本数でも変わることをご存じですか?

カーネーションの本数によって変わる、花言葉の意味はこちら。

1本:あなたは私の運命の人

3本:あなたを愛しています

4本:あなたを生涯愛し続けます

8本:あなたの想いに感謝しています

9本:いつまでも一緒にいてほしい

12本:恋人になってほしい

40本:あなたに永遠の愛を誓う

99本:永遠の愛

108本:私と結婚してください

こんなに意味があるんです。

母の日の贈り物なら、感謝の意味のある8本のカーネーションがいいかもしれません。

スポンサーリンク

カーネーションを贈る時はシーン別に使い分けよう


カーネーションの花言葉の意味は、色別や本数で変わります

カーネーションは母の日の定番ですが、母親の好きな色を考えつつ花言葉にも目を向けてみるといいですね。

母の日に限らず、カーネーションは色鮮やかできれいな花。

カーネーションを贈るときは、シーン別に使い分けるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

カーネーションの花言葉の意味は色別や本数でどう変わるのか、カーネーションを贈る時はシーン別に使い分けられるようご紹介してきました。

カーネーションって、いろんな色があってそれぞれに花言葉が変わってくることがわかりましたね。

色だけじゃなく、本数によっても花言葉は変わってきます。

贈る相手やシーンに合わせて、カーネーションの色や本数を使い分けることができるとあなたの評価もあがりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました