NHKが映らない受信料不要テレビの販売店は?ドンキ以外のメーカーや評判も調査

お役立ち情報
スポンサーリンク

テレビを持っているだけで支払い義務のある、NHK受信料。

その受信料を支払わなくてもいいテレビが、2021年12月にドンキから発売されて話題を呼びましたよね。

NHKが映らないテレビとして受信料を払わなくてもいいということから、爆発的な売れ行きをみせあっという間に完売。

NHKが映らないテレビは、ドンキ以外でも買えるのか知りたいですよね。

そこで今回は、NHKが映らないテレビの販売店やドンキ以外のメーカーや評判についても調査していきます。

スポンサーリンク

NHKが映らない受信料不要テレビの販売店は?ドンキでは売り切れ続出


NHKが映らない受信料不要のテレビの販売店は、どこなのでしょうか?

NHKが映らない受信料不要のテレビ販売店はドン・キホーテ

NHKが映らない受信料不要のテレビは、2021年12月にディスカウントストア「ドン・キホーテ」から発売されました。

NHKが映らないというよりは、テレビチューナーを搭載していないため地上波が映らないテレビ。

テレビ放送が映らないテレビを買ってどうするのかと疑問に思うかもしれませんが、Android OSを搭載しているのでインターネットにつないで動画を観ることができるんです。

地上波放送を受信できないということから、NHK放送も必然的に受信することがないのでNHK受信料を支払わなくてもいいというわけ。

これ、すごいですよね。

NHKが映らない受信料不要のテレビドンキでは売り切れ続出

ドンキでこのNHKが映らないテレビ「AndroidTV機能搭載チューナーレススマートテレビ」が発売されるや、あっという間に完売

当初6000台を想定して製造販売したようですが、あっという間に完売したためさらに6000台を追加製造したとのこと。

このNHKが映らないテレビは、24型(TSM-2401F2K)と42型(TSM-4201F2K)を販売。

24型は19,800円、42型は29,800円という低価格も人気のようです。

追加製造分も、すでに完売しているかもしれません。

NHK受信料ってどれくらい払ってるの?

他の民間放送と違って、NHKだけが受信料を支払わないといけないですよね。

その、気になるNHK受信料はこちら。

地上契約:2,450円/2か月払い

衛星契約:4,340円/2か月払い

年間にすると、けっこうな出費ですよね。

NHKを観ていなくても、テレビを持っているだけで支払い義務があるというから納得いきません。

集合住宅に住んでいる人で衛星が受信できるアンテナがついていれば、衛星放送を観ていなくても衛星契約を強制させられるんですよ。

このNHK受信料を支払わなくてもいいテレビが発売されたとなると、やはり誰もが気になるもです。

スポンサーリンク

NHKが映らない受信料不要テレビはAmazonや楽天でも買える?


NHKが映らない受信料不要テレビがドンキから発売されましたが、Amazonや楽天のような通販サイトでも買えるといいですよね。

Amazonや楽天でも買えないか調べてみましたが、現在NHKが映らないテレビとしては販売されていないようです。

テレビチューナーを搭載していないテレビとして販売されていたことはあったようですが、ディスプレイ目的で業者にしか販売されていなかったとのこと。

一般向けのNHKが映らないテレビは、Amazonや楽天では買えません

スポンサーリンク

NHKが映らない受信料不要テレビのドンキ以外のメーカーや評判は?


NHKが映らない受信料不要のテレビはドンキ以外のメーカーの反応はどうなのでしょうか?

NHKが映らないテレビはドンキ以外のメーカーも参入

NHKが映らないテレビがドンキで人気となり、テレビチューナを内蔵しないテレビを販売すると声をあげたのが「STAYER」

「NHK受信料を支払う必要がない」ことを掲げて、2022年5月に「43V型チューナーレスAndroid TV(TM) 搭載テレビ」を発売するとのこと。

4K対応ということで画質も保証されていることから、こちらの売れ行きにも注目が集まっています。

NHKが映らない受信料不要のテレビはなぜ人気?

NHKが映らないテレビといっても、NHKだけが映らないのではなく地上波放送が見られないテレビなんです。

なんでそんなテレビが爆発的に売れているのかというと、今は地上波はあまり見ない時代。

動画配信サービスが充実している昨今、見たい番組も見逃し配信なんかでいつでも観ることができるんです。

地上波が映らなくてもネット動画が見れることで、テレビ的機能は備わっていると考えていいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

NHKが映らないテレビの販売店や、ドンキ以外のメーカーや評判についても調査してきました。

NHKが映らないテレビの販売店は、ドンキ。

ドンキがテレビチューナを搭載しないテレビを独自に製造・販売したもの。

地上波が観れない代わりに、インターネットで動画配信が観れるというまさに現代人にもってこいの構造ですね。

ドンキ以外にも、STAYERがNHKが映らないテレビを発売することを発表しています。

今後の動向に、注目が集まりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました