新幹線で寝過ごさない方法はある?寝過ごし対策におすすめの方法

スポンサーリンク

旅行や出張、出勤などでも利用する人が多い新幹線

新幹線に乗っているときは、あの心地いい振動でどうしても眠たくなってしまいますよね。

新幹線に乗ったときに、つい寝てしまって降車駅を通り過ぎた経験ある人は意外と多いもの。

一度寝てしまうと、なかなか目的地に到着するまでに起きるのは難しいんですよね。

新幹線で寝過ごしてしまうと、戻ってくるもの一苦労。

かなりの時間ロスになってしまいます。

新幹線で寝過ごさない方法があれば、実践したいですよね。

そこで今回は、新幹線で寝過ごさない方法はあるのか、寝過ごし対策におすすめの方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

新幹線で寝過ごさない方法はある?


飛行機なら寝ていても、目的地に着いたら乗務員が必ず起こしてくれます。

でも新幹線の場合だと、終点まで乗る以外に起こしてくれる人はいません。

新幹線のあの心地いい振動は、つい眠気を誘います。

そこで新幹線で寝過ごさない方法、ご紹介しますね。

新幹線で寝過ごさない方法はある?

新幹線で寝過ごさない方法は、あるといえばある、ないといえばないと言えます。

というのも、寝るということは人それぞれ。

眠りが浅い人もいれば、熟睡する人も。

新幹線に乗っているときの、体調のコンディションにもよるでしょう。

睡眠不足や疲れがたまっている人は起きにくいでしょうし、睡眠をとれてる人は起きやすいはず。

眠りが浅いとき、普段ちゃんと寝ている人は、目覚めやすいんです。

ただ熟睡タイプの人、睡眠不足や疲れがたまっている人には、寝過ごさない方法が効果を発揮するかどうかはやってみないとわかりません。

これから新幹線で寝過ごさない方法についてご紹介していきますが、まずは試してみてください。

それがうまくいけば、その方法があなたに合った寝過ごさない方法です。

新幹線に乗った時の、あなたの体調で寝過ごさない方法を変えてみるのもいいかもしれませんね。

新幹線で寝過ごさないためには寝なければいい

新幹線でどうしても寝過ごしたくない人は、寝なければいいんです。

寝なければ、寝過ごすことはありません。

座席に座っていると、どうしても睡魔は襲ってきます。

それなら、座席に座らなければいいんです。

ずっと立っていれば、寝過ごすことはないでしょう。

立っていても、壁に寄りかかったりすると寝てしまう人も。

そんな人は、寄りかからずに自分の力で立っておくことです。

新幹線に乗っている時間が長い人は大変かもしれませんが、絶対に寝過ごせないというのであればこの方法を使うといいでしょう。

立っていることに不安があるのであれば、歩くのも有効

新幹線の端から端まで歩きながら過ごすことで、眠気も来ないし時間が経つのも早く感じられます。

スポンサーリンク

新幹線での寝過ごし対策におすすめの方法


新幹線で寝過ごしたくない人は、寝ないことが最善の方法。

それでも、貴重な睡眠時間を新幹線の中で取りたい人もいるはず。

そこで新幹線で寝てしまっても、寝過ごし対策におすすめの方法をご紹介していきます。

新幹線での寝過ごし対策にアラーム①

新幹線での寝過ごし対策に、スマホのアラームはおすすめ。

新幹線に乗ると眠たくなる人は、あらかじめスマホのアラームを到着時刻に合わせてセットしておきましょう。

新幹線の中なので、音を出すと周りの乗客に迷惑が掛かってしまいます。

でも、バイブ音だと気づきにくい…

そんな時に役に立つのが、イヤホン

イヤホンをしてアラームをセットしておけば、時間に音が鳴っても聞こえるのは自分だけ。

周りに迷惑をかけることもありません。

新幹線に乗るときは、イヤホンを持参してスマホのアラームで起きるようにしてみましょう。

新幹線での寝過ごし対策にアラーム②

新幹線での寝過ごし対策にイヤホンのアラーム対策をご紹介しましたが、あえてイヤホンをせずにアラームをセットするという方法も。

アラームが鳴ることで、あなたが寝ていても誰かが声をかけてくれるかもしれません。

周りの乗客に迷惑になる可能性もありますが、アラームによって周りの乗客から声をかけてもらえれば寝過ごしは防ぐことができます

ちょっと勇気がいりますけどね…

新幹線での寝過ごし対策にアプリの活用

新幹線での寝過ごし対策に、今はアプリも多数活用されています。

寝過ごしアプリがあるということは、それだけ寝過ごす人も多いということ。

寝過ごさないための工夫もされているはずなので、自分がいいと思う寝過ごし対策アプリを活用してみてください。

新幹線での寝過ごし対策にとなりの乗客

新幹線での寝過ごし対策に、隣の乗客にお願いするという手も。

どうしても寝過ごせないのであれば、となりの乗客に降りたい駅を伝えてついたら起こしてもらいましょう。

人に起こしてもらうのは、かなり効果は高いです。

ただ、隣の人も寝てしまっていたら…

仕方ないですね。

スポンサーリンク

まとめ

新幹線で寝過ごさない方法はあるのか、寝過ごし対策におすすめの方法をご紹介してきました。

新幹線で寝過ごさないためには、寝ないことが一番。

それでも寝たいという人は、スマホのアラームやアプリ、隣の乗客に起こしてもらうなど何かしらの対策を立てておきましょう。

新幹線の中で、少しでも睡眠をとりたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました