お歳暮のお礼は電話やメールでもいい?失礼にならない為の注意点

お歳暮のお礼は電話やメールでもいい?失礼にならない注意点【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

日頃の感謝の気持ちを込めて贈る、「お歳暮」

お歳暮は日頃お世話になった人に贈ることが多いですが、そのほとんどが宅配便で送られてきますよね。

お歳暮を頂いたときはお礼をしなければいけませんが、どのような形でお礼をすればいいのか悩みますよね。

お歳暮のお礼は電話やメールでもいいのでしょうか?

お礼も相手に失礼にならないようにしたいもの。

そこで今回は、お歳暮のお礼は電話やメールでもいいのか、失礼にならないための注意点についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼は電話でもいい?


お歳暮のお礼は電話でもいいのでしょうか?

お歳暮のお礼は電話でもいい?

お歳暮のお礼は、お礼状を送るのが基本です。

でも、お礼状って手紙を書いて切手を買い、ポストに投函するという意外と手間と時間がかかるもの。

お歳暮の時期は、年末で何かと忙しい時期でもあるので手紙を書いている時間がないということも。

お歳暮の送り主は、お歳暮がちゃんと届いているか気になっているはず。

なので、お礼はできるだけ早めにしたいものですよね。

そんなときは、お歳暮のお礼を電話でしても大丈夫

お歳暮の送り主も、お歳暮がちゃんと届いたということが電話でもわかれば安心します。

また、電話を通して声を聞くこともできるし、お礼以外のことも話せたりとちょっとしたコミュニケーションの場になります。

お歳暮のお礼を電話にする相手とは

お歳暮のお礼を電話でしてもいいのですが、電話はできるだけ関係が近しい人がいいですね。

親戚とか、プライベートの関りのある人あたりが電話でお礼をするのに適しています。

お歳暮のお礼を電話でどう話せばいいか

お歳暮のお礼を電話でするときには、まずはお歳暮が届いたことを相手に伝えましょう

送り主が、一番知りたいところはそこです。

電話がかかってくるということは、おそらくお歳暮が届いたということだろうと予測はしているかもしれませんが、きちんと届いたことを報告します。

それからいただいた品に対するお礼と、ちょっとした感想を述べるといいでしょう。

食べ物を頂いたのなら「みんなで美味しくいただきました」とか、品物なら「大切に使わせていただきます」など。

いただいた物が嬉しかったといった表現をすると、送り主も喜びます。

お歳暮のお礼を言いたいけど不在だった場合

お歳暮のお礼の電話をしたけど相手が不在だった場合は、時間や日を改めて電話を入れてみましょう

なるべくその日の時間をずらすとか、翌日に電話をしてください。

相手が留守番電話にしていた場合は、留守番電話にメッセージを残しておけば大丈夫。

メッセージを聞いたら、折り返しかけてくるかもしれません。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼はメールでもいい?


お歳暮のお礼はメールでもいいのでしょうか?

お歳暮のお礼はメールでもいい?

お歳暮のお礼は、メールでも大丈夫です。

ただメールにしても大丈夫な相手は、ビジネスでお付き合いのある人

職場に届いたお歳暮や会社宛てのお歳暮であれば、メールでお礼をしてもいいでしょう。

親戚や知人でもメールでお礼をすることもできますが、特に年配の人にとってメールはあまり有効な手段とは言えません。

人によっては、「失礼だ」と感じる人もいるでしょう。

その点仕事での付き合いの人であれば、メールでコミュニケーションを取っていることも多いので、お歳暮のお礼を取り急ぎメールですることは失礼にはなりません。

お歳暮のお礼メールの文例とは

お歳暮のお礼のメールをするときは、件名にお歳暮が届いたことがわかるように記載しておきます。

そして、本文に「この度はお歳暮の品を頂戴し、誠にありがとうございます。」とお礼を書いたうえで、「職員で美味しくいただきました。」と感想を述べ、「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と締めくくりましょう。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼で失礼にならない為の注意点


お歳暮のお礼で、失礼にならないための注意点をご紹介しておきますね。

お歳暮のお礼は早めにする

お歳暮のお礼は、お歳暮が届いてから3日以内にするのが基本。

3日以内と言わず、できれば届いたその日にお礼の電話かメールを先に入れておくのがいいでしょう。

お歳暮のお礼をお歳暮で返さない

お歳暮を頂いたからと言って、お歳暮で返す必要はありません

お歳暮の送り主がお世話になっている人であれば、お返しではなく感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ることはできます。

ただ、お歳暮のお返しはお礼状で返すのがマナーと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

お歳暮のお礼は電話やメールでもいいのか、失礼にならないための注意点についてご紹介してきました。

お歳暮のお礼は電話やメールでも大丈夫ですが、メールは相手によっては失礼だと感じる人もいるので気をつけましょうね。

お歳暮のお礼は、お礼状が基本。

電話やメールをした後でも、お礼状を送ると相手も喜びます。

電話やメールは、とりあえずお歳暮が届いたことを相手に伝える手段と考えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました