オリンピック会場の費用はどこから?税金で支払われる?

ウズベキスタンのセーラームーンがかわいい!新体操動画画像まとめ 東京オリンピック
スポンサーリンク

2021年7月23日、新型コロナウイルスの影響で約1年延びた「東京オリンピック2020」がついに開幕しました。

日本時間の午後8時から開会式が国立競技場で行われました。

そこで日本を代表するゲームの楽曲が選手入場に起用されて一気に話題になりましたよね。

またドローンを駆使した演出など、かなり盛り上がりを見せています。

各種目で競技がスタートし、続々とメダルを獲得してきていますよね。

世界各国で盛り上がりを見せているオリンピックですが、そのオリンピック会場の費用について疑問に思っている人も多いはず。

今回は、オリンピック会場の費用は税金で支払われているのか、会場費用がいくらかかっているのかを世間の反応も含めご紹介していきます。

スポンサーリンク

オリンピック会場の費用はどこから?税金で支払われる?


オリンピック会場の費用がどこから支払われているのか、税金が使われているのか心配な人も多いですよね。

オリンピック会場の費用は、税金で支払われています。

国民が汗水流して働いて納めた税金が、オリンピックの会場として使われているのだから、国民1人1人が資金を出しているといっても過言ではないですよね。

ただ、全てを負担しているわけではなく、オリンピック会場費用の約3分の2が税金で支払われています。

その理由はオリンピック会場の費用は国や東京都だけではなく、組織委員会も負担しているから。

東京都民は、国民税の他にも都税まで使われているからかなり出資していることになりますね。

スポンサーリンク

オリンピック会場の費用はいくら?


オリンピック会場の費用はいくらかかっているのか、気になりますよね。

オリンピック会場の費用試算は難しい

オリンピック開催にかかる費用を正確に試算するのは難しいんだそうです。

その理由は、表に出てくる会場建設費や大会運営費、広告などの費用の他にも、道路の整備や施設の改装などにかかる細かい費用がかかります。

そのため、実際に費用がいくらかかっているかを正確に出すことができません。

オリンピック会場の費用とは

オリンピック会場の不透明な部分は除いても、オリンピック会場にかかっている費用はなんど「1兆6,440億円」です。

1兆って…

想像できませんね。

オリンピック会場にかかる費用を負担しているのは、「国」「東京都」「組織委員会」の3組織です。

それぞれの負担割合は、

国:2,210億円

東京都:7,020億円

組織委員会:7,210億円

となっています。

国の負担は、当初約1,600億円の予定だったようですが、コロナウイルスの影響により感染対策などが必要になり、610億円も予算が追加になったようです。

また、東京都はオリンピック会場にかかる負担金の他にも150億円を組織委員会に支払っているようで、東京都の負担額が一番大きいんです。

スポンサーリンク

オリンピック会場の費用に世間の反応は?


オリンピック会場の費用は、コロナウイルスの影響で当初計画されていたものよりも大幅に膨れ上がってしまいました。

国はオリンピックを中止することで負の遺産にならないよう、策を講じてオリンピックを開催させましたよね。

オリンピック会場の費用に対し、世間は意外と無頓着。

それは、オリンピック会場の費用よりもコロナウイルス感染者の増大を恐れているから。

お金よりも、人の命を守りたいという国民の意見が多かったようです。

スポンサーリンク

まとめ

オリンピック会場の費用は税金で支払われているのか、会場費用がいくらかかっているのかを世間の反応も含めご紹介してきました。

中止も検討されていたオリンピックですが、なんとか無事に開催することができました。

オリンピック会場費用が全て回収できるかはわかりませんが、この費やした費用が無駄にならないよう今後役立てていってもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました