義理の両親への年賀状の一言はなんて書く?文例を紹介

お役立ち情報
スポンサーリンク

毎年やってくる、年賀状の時期。

自分の親なら気軽に書けますが、義理の両親ともなるとどんなことを書けばいいのか、失礼に当たることはないかなど何かと気をもみますよね。

年賀状の文面で義理の両親からの印象をよくするためにも、年賀状に添えたい一言について知っておいて損はありません。

そこで今回は、「義理の両親への年賀状の一言はなんて書く?」と題して、義理の両親への年賀状の文例をご紹介していきます。

スポンサーリンク

義理の両親への年賀状の一言はなんて書く?

年賀状には、たいてい決まった定型文がありますよね。

それをプリントして出すのが一般的。

でも、義理の両親にはそれだけじゃなくて一言添えたいものです。

義理の両親への年賀状には、どんな一言を書けばいいのでしょうか?

義理の両親への年賀状に添えたい一言

義理の両親への年賀状に、ぜひ添えてほしい一言をご紹介します。

自分たちの近況

義理の両親が近くに住んでいれば、会う機会も多いと思うのでわざわざ年賀状に書く必要はないかもしれません。

ただ、遠方でなかなか会えないのであれば、自分たちの夫婦生活についてや、最近起こった出来事などを書いておくといいでしょう。

子供がいれば、子供の成長について書いておくと義理の両親も孫が大きくなったことを実感できますよ。

子供がいると年賀状に子供の写真を載せることもあると思うので、子どもの写真に吹き出しのようにして子供の成長を書いてあげるといいですね。

義理の両親への感謝の気持ち

義理の両親が近くに住んでいる場合は、何かと交流したりすることもありますよね。

お土産をもらったり、子供がいる場合は孫の面倒を見てもらうことも。

義理の両親が遠方に住んでいる場合は、直接援助してもらうことはないかもしれません。

それでも、いつも自分たち家族のことは気遣ってくれているはず。

また、ちょっとした日用品や食料品を送ってくれることもありますよね。

そんな日頃の感謝の気持ちを、年賀状に一言書いておくといいでしょう。

表面的には何もしてくれていなくても、いつも気にかけてくれていることを言葉にしておくと、義理の両親との良好な関係も築けます。

義理の両親の幸せや健康を気遣う一言

年賀状に添える言葉としては、義理の両親の今年1年の幸せや健康を願う言葉を書くこともおすすめ。

結婚した年齢にもよりますが、義理は両親も高齢な人が多いでしょう。

寒くなってくると体調を崩しやすくなったり、精神的に不安定になることも。

今年1年が幸せで健康に過ごせるように、祈願する言葉を添えてあげると喜ばれます。

人生の先輩として助言を願う言葉

義理の両親は、いわば人生の先輩。

自分たちよりもたくさんのことを経験してきています。

そんな人生の先輩に対して、ご指導ご鞭撻をいただく姿勢で一言添えてもいいでしょう。

義理の両親への年賀状の一言で気を付けてほしいこと

義理の両親への年賀状、一言書くときに気を付けるべきことをご紹介しておきます。

自分自身の字で書く

年賀状は印刷することがほとんどでしょう。

定型文は印刷したものでも構いませんが、一言書くときは自分の字で手書きをするようにしましょう。

年配の人は、特に印刷文字は機械的に見えるようなので気持ちが伝わりません。

字が苦手な人は自分で書くことをためらいがちですが、ここは頑張って直筆で一言書いてくださいね。

丁寧語

人によっては、義理の両親と友達のように仲の良い関係の人もいるかもしれません。

普段はタメ口で会話しているかもしれませんが、年賀状に一言書くときは丁寧語がいいでしょう。

気にしない人もいますが、丁寧語で書いておいた方が無難。

新年のあいさつという気持ちで、挨拶のマナーとして丁寧語を使いましょうね。

縁起の悪い言葉は使わない

年賀状は1年の初めに届く縁起物。

なので、縁起の悪いとされている言葉は使わないように気をつけましょう。

「去る」「病む」などは、あまり縁起のいい言葉ではないので、「去年」や「病気」なんて言葉にも気を付けてくださいね。

句読点は使わない

これは思わず使ってしまいそうですが、句読点は一言に書かないのが基本。

句読点は、相手との縁を切るという意味合いがあるのです。

なので、句読点は使わないような文面にするよう配慮しましょう。

スポンサーリンク

義理の両親への年賀状の文例を紹介

義理の両親への年賀状にどんなことを書いたらいいのか、文例をご紹介しますね。

「いつも子供たちの面倒を見てくださってありがとうございます」

「いつも私たち家族のことを気遣っていただきありがとうございます」

「子供たちは元気に毎日過ごしています ○○はこんなことができるようになりました」

「お体にお気をつけてお過ごしください」

「今年1年ご両親にとって幸ある年となりますように」

「本年もご指導ご助言いただけますようよろしくお願いいたします」

このように、感謝の気持ちや相手のことを思いやる気持ちを言葉にするといいでしょう。

スポンサーリンク

義理の両親への年賀状に気の利いた一言で良好な関係を

義理の両親って、電話で話をするだけでも緊張してしまいますよね。

ちょっとしたことでも気を悪くしないかとか、嫌われたりしないかと心配になってしまうもの。

年賀状で気の利いた一言を添えることで、間違いなく義理の両親との関係はよくなります。

面倒だと思うかもしれませんが、このチャンスを逃さず好印象をゲットしてください。

スポンサーリンク

まとめ

「義理の両親への年賀状の一言はなんて書く?」と題して、義理の両親への年賀状の文例をご紹介してきました。

普段は言えないことを言葉にすることで、年賀状を通して義理の両親に気持ちを伝えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました