結婚祝い「お返し不要」の伝え方!気を遣わせずに内祝いを断る方法

結婚祝い「お返し不要」の伝え方!気を遣わせずに内祝いを断る方法【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

結婚祝いを贈るときに、気になるのが「お返し」

どんなお祝い事でもそうですが、お祝いを贈ると内祝いが返ってくることがほどんど。

「内祝いって正直いらない」と思っている人、結構いるんです。

でもどうやって結婚祝いの「お返し不要」を伝えればいいのか、その言い方にも悩みますよね><

そこで今回は、「結婚祝いのお返し不要の伝え方!」と題して、相手に気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚祝い「お返し不要」の伝え方は口頭でも手紙でもいい?

結婚祝いの「お返し不要」を伝えたいとき、どのような言い方がいいのかご紹介していきます。

結婚祝いの「お返し不要」の伝え方は口頭でもいい?

結婚祝いの「お返し不要」は、口頭で伝えても大丈夫です。

例えば、自分の子供や孫、姉弟姉妹など身近な家族が結婚したとき。

贈る相手は家族なので、結婚祝いを渡すときに「お返しはいらないからね」とはっきり断ってもいいでしょう。

家族とは関係性も深いので、はっきり断ったからといって関係性が悪くなることもないはず。

結婚祝いを受け取った側としても、はっきりと断ってくれた方がお返しに悩むこともなく素直に受け入れてくれるでしょう。

結婚祝いの「お返し不要」の伝え方は手紙でもいい?

結婚祝いを贈りたいけど、遠方でなかなか会えないときは「お返し不要」を口頭でいうことができませんよね。

そんなときに手紙に書いてもいいのか悩みますが、手紙で結婚祝いのお返し不要を伝えても大丈夫です。

また、結婚祝いを手渡したいけど口頭で「お返し不要」と言いにくい人もいるはず。

そんなときには、結婚祝いに手紙を添えてお返し不要ということを伝えるのもいいでしょう。

言い方を考えるのは難しいけれど、手紙になら書きやすいという人もいますよね。

ちなみに、今は「お返し不要」用のお祝い袋が売っています。

やはり、お返しはいらないという需要が増えているということでしょうね。

手紙を書くのが面倒であれば、お返し不要のお祝い袋を利用してみるのも手です。

スポンサーリンク

気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る方法は?

結婚祝いの内祝いを断るのは、近しい相手なら言いやすいかもしれません。

でも、内祝いを断ることが相手に気を遣わせるのではと心配にもなりますよね。

気を遣わせずに、結婚祝いの内祝いを断るにはどうしたらいいのでしょうか?

気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る方法は?

結婚祝いの内祝いを断りたいけど、どのように断ったら相手に気を遣わせないか悩みますよね。

結婚祝いの内祝いを断りたいときに、ストレートに「お返しはいらない」と相手に伝えることができたら楽です。

身近な家族であれば、それもできるかもしれません。

でも本心はいらなくても相手に気を遣わせちゃうんじゃないか、気分を悪くしてしまわないかと不安になってしまいます。

そんなときはストレートな言い回しをしないで、柔らかく断る方法を知っておくと便利です。

気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る魔法の言葉

結婚祝いの内祝いを断りたいときに、「お返しはいらない」とストレートにいいたいけれど相手によっては言いにくいこともありますよね。

そんなときに、相手に気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る魔法の言葉があるんです。

その魔法の言葉というのが、

「遠慮します」

「辞退します」

「お気遣いなさらず」

どうですか?

このように柔らかい言葉でいわれると、内祝いを断る側もいいやすくなりませんか?

結婚祝いをもらう側としても、悪い気はしないはず。

結婚祝いの内祝いを断るときは、直接的にいうのではなく間接的に相手に伝わる方法にするといいですね。

結婚祝いの内祝いを断ってもお返しがくることも

気を遣わせずに結婚祝いの内祝いの断りを入れていても、お返しがくる時があります。

そんなときは、相手に「いらないって断ったのに」なんて批判をしてはいけません

内祝いを断っても、相手が内祝いを贈りたいと思ったから贈っているわけです。

その気持ちも組んであげて、そこは素直に喜んで受け取っておきましょう

おめでたい場なので、関係性は良好に保ちたいものです。

スポンサーリンク

高額過ぎる結婚祝いを避けるのもベター


結婚祝いの内祝いがいらないときに、結婚祝いにかける金額は高額過ぎないようにしましょう。

あまり高額すぎる結婚祝いを贈って、「お返しはいらない」といわれても「そういうわけにはいかない」となってしまいますよね。

結婚祝いを贈る相手に、「お返しをしなくても大丈夫」だと思えるくらいの金額を目安にしておといいですね。

「お返しの分を指しい引いて結婚祝いをしているから」と伝えておけば、相手も気兼ねなく受け取ってくれるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

「結婚祝いのお返し不要の伝え方!」と題して、相手に気を遣わせずに結婚祝いの内祝いを断る方法についてご紹介してきました。

結婚祝いのお返し不要は、近しい相手なら口頭や手紙でストレートに伝えても大丈夫。

相手に気を遣わせないように断りを入れるなら、柔らかい表現に変えるといいでしょう。

あまり高額すぎる結婚祝いは気を遣わせてしまうので、お祝い金額の目安も頭に入れておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました