キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ!シーズンごとに紹介

キミセカでゾンビ(ゴーレム)化したキャストまとめ!シーズンごとに紹介【画像】 ドラマ・映画
スポンサーリンク

日本テレビとHuluの共同制作ドラマ、「君と世界が終わる日に」

略称、「キミセカ」

2021年1月からシーズン1が日本テレビ系列の日曜ドラマで放送され、同年3月からシーズン2がHuluで配信されました。

▼シーズン3も2022年2月25日配信開始▼

シーズン2では完結できずに、続きを待ち望んでいた人たちにとって待望の続編となりますが、キミセカでこれまでにゴーレム(ゾンビ)化してしまったキャスト、気になりますよね。

そこで今回は、「キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ」と題して、シーズン1とシーズン2、特別編に分けてゾンビ化したキャストをそれぞれご紹介していきます。

スポンサーリンク

キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ【シーズン1】

キミセカシーズン1でゴーレム(ゾンビ)化したキャストは誰なのか、ご紹介していきます。

第1話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:吾妻伸二

第1話では、バイク便ライダーの吾妻伸二(鈴之助)がゴーレム化しています。

体力には自信のある吾妻でしたが、避難の途中でゴーレム化してしまい、結月を襲撃しようとしたため、響が放った弓矢で頭を撃ち抜かれています。

第2話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:宇和島雅臣

キミセカシーズン1の第2話でゴーレムに噛まれてしまったのは、宇和島雅臣(笹野高史)

甲本(マキタスポーツ)に盾にされてしまった宇和島は、そのときに右前腕部をゴーレムに噛まれてしまいます。

最後は、自身がゴーレム化することを悟り仲間をゴーレムから逃すために自らが盾となり命を落としました。

第5話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:狛江聡

狛江聡(長谷川朝晴)は、記者であり、三原紹子の元夫。

紹子と結月を探す為に、封鎖区域に侵入し、ゴーレムに襲われそうになっているところを響に助けられ放浪グループに合流しています。

DVが原因で離婚していましたが、紹子に再び暴力を振るう姿を見て、結月がゴーレムが集まる船へと誘導したことによりゴーレムに噛まれてしまいます。

その後、ゴーレム化を察した響により首を絞められ絶命しています。

第5話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:橘愛奈

第5話でゴーレム化してしまったのは、橘愛奈(新津ちせ)

愛奈は橘勝利の妹で、来美のことを母のように慕っていました。

負傷した自衛官がゴーレム化し、襲撃されたことによりゴーレム化してしまいます。

愛奈が佳奈恵に襲い掛かったために、響にナイフで刺されて絶命しています。

第6話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:牛込浩二郎

牛込浩二郎(神保悟志)は、自衛官の一等陸佐。

自衛隊のトップとして、人類救済のために尽力していましたが、首藤に洗脳された幹部達と対立後突如謎の失踪を遂げる。

後に、地下通路奥の施設内でゴーレム化した姿で発見されました。

第6話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:間宮琴子

第6話でゴーレムとして登場したのが、響の母である間宮琴子(臼田あさ美)

響がたどり着いた研究室で、ゴーレム化した母と遭遇してしまいます。

病死したはずの母親がゴーレムとして目の前に現れたことに、響は驚きと疑問で言葉がでませんでしたが、のちに、琴子は、首藤にウイルスを投与されたことによりゴーレム化したということが御前崎により明かされています。

最後は、響を連れ戻しに来たミンジュンに頭をナイフで刺され絶命しています。

第7話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:ユン・ミンジュン

第7話でゴーレム(ゾンビ)化してしまった、ユン・ミンジュン(キム・ジェヒョン)

響が母親である琴子を救い出そうとしたところ遭遇したユン・ミンジュンは、琴子に襲われて相討ちとなり左手首を噛まれてしまいます。

ユン・ミンジュンを助けようと薬を手に入れた響ですが、不完全な治療薬であった為、ゴーレム化を防ぐことができず、ユン・ミンジュンは響に頭を刺されて息を引き取りました。

第9話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:葛島俊

葛島俊(八木拓海)は、ジアンの部下で研究員。

横須賀駐屯地内の避難者が首藤にワクチンと騙されゴーレムウィルスを投与されたことから集団感染が発生し、ジアンに助けを求めるもゴーレム化してしまいました。

最終話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:沢健太郎

沢健太郎(堀家一希)は、自衛官の三等陸佐で、桑田の部下として有力な隊員でしたが、ゴーレムウィルスを治療するワクチンを開発する首藤を盲信し、洗脳状態。

首藤に従って行動していたが、裏切られ銃殺されてしまいます。

その後、ゴーレム化して首藤に噛みつきゴーレム化させています。

最終話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:首藤公貴

キミセカシーズン1の最終回でゴーレム化したのは、首藤公貴(滝藤賢一)

研究者としてゴーレムから人々を救うために尽力していましたが、妻の遺体と逃げようとするところをゴーレム化した沢に噛まれてしまいます。

スポンサーリンク

キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ【シーズン2】


キミセカシーズン2でゴーレム(ゾンビ)化したキャストは誰なのか、ご紹介していきます。

>>キミセカシーズン2をレンタルしたい人はこちらもチェック

第1話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:ハル

刀集団の一員であるハル(田中道子)

ハルは、第1話でゴーレムに襲われて首を噛まれてしまいゴーレム化しています。

第2話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:秋吉美佐子

秋吉美佐子(濱田マリ)は、本郷奏多演じる蓮の母。

「希望の家」のリーダーで、元「秋吉リゾート」社長という経歴があります。

第2話でゴーレムに噛まれたことによりゴーレム化し、響の手によって息の根を止められました。

第3話でゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:津ノ森菜々子

第3話でゴーレム化したのは、津ノ森菜々子(真魚)

妊婦の菜々子でしたが、ゴーレムウイルスに感染してしまいました。

ゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:小笠原来美

キミセカシーズン2でゴーレムウイルスに感染していることがわかったのが、小笠原来美(中条あやみ)

響の恋人で響の子供を妊娠していましたが、シーズン2の最終話で響の前から姿を消してしまいました。

ゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:甲本洋平

 

この投稿をInstagramで見る

 

マキタスポーツ(@makisupo)がシェアした投稿

元引っ越し業者の甲本洋平(マキタスポーツ)

彼も生き残っていましたが、シーズン2で絶命しています。

ゴーレム(ゾンビ)化したキャスト:三原紹子

娘の結月を守るためにシェルターに避難してきた三原紹子(安藤玉恵)

娘を守るために尽力していましたが、絶命しています。

スポンサーリンク

キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ【特別編】


キミセカ特別編でゴーレム(ゾンビ)化するキャストは誰なのか、気になりますよね。

キミセカ特別編が放送されるのは、2月25日

キミセカシーズン3が始まる直前に、放送されます。

特別編でゴーレムとなってしまうキャストは誰なのか、放送終了後に追記していきますね。

スポンサーリンク

まとめ

「キミセカでゴーレム(ゾンビ)化したキャストまとめ」と題して、シーズン1とシーズン2、特別編に分けてゴーレム化したキャストをそれぞれご紹介してきました。

生存率0といわれているゴーレムの世界で生き抜くのは、並大抵の努力では難しい…

それでも、これ以上ゴーレムウイルスに感染する人が出ないことを願うばかり。

ハラハラドキドキの展開でキミセカの今後が気になります。

来美とお腹の子が、無事である事を願います!

▼シーズン3も2022年2月25日配信開始▼

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました