吉田陽菜のwikiプロフ!競技成績やコーチについても調査

吉田陽菜のwikiプロフィール競技成績やコーチについても【画像】 スポーツ選手

日本の女子フィギュアスケート界で話題になっているのが、「吉田陽菜」さん。

2021年11月21日に閉幕した全日本ジュニア選手権のノービス世代第4位で惜しくも表彰台に立つことはできませんでしたが、大健闘していますよね。

トリプルアクセルを12歳で決めたことで、注目を集めた過去も持っているんです。

そんな吉田陽菜さんの、プロフールや競技成績などが気になるところ

吉田陽菜さんのコーチも、いったい誰なのでしょうか?

そこで今回は吉田陽菜さんのwikiプロフや競技成績、コーチは誰なのかについても調査していきます。

吉田陽菜のwikiプロフィール


吉田陽菜さんのwikiプロフィールについて、ご紹介していきます。

吉田陽菜のwikiプロフィール

本名:吉田陽菜(よしだ はな)

生年月日:2005年8月21日

出身地:愛知県

身長:153cm

趣味:お菓子作り

所属事クラブ: 木下スケートアカデミー

コーチ:濱田美栄

吉田陽菜の経歴

女子フィギュアスケート界で注目を集めている、吉田陽菜さん。

吉田陽菜さんは、愛知県の出身。

実は、愛知県出身のフィギュアスケート選手が多いことをご存知ですか?

女子フィギュアスケートでも有名な安藤美姫選手や浅田真央選手、村上佳菜子選手なんかも愛知県出身なんです。

そんなフィギュアスケートが盛んな愛知県に生まれた吉田陽菜さんは、2016年に開催された全日本ノービス選手権で初優勝を飾ります。

2018年に開催されたげんさんサマーカップでは、12歳でトリプルアクセルを決めて一気に注目を集める存在となりました。

トリプルアクセルを12歳で決めたことは、世界最年少記録だったんです。

ここで、吉田陽菜さんは女子フィギュアスケート界に名を残すことになったんですね。

2020年には木下スケートアカデミーに移籍し、練習を積み重ねてさらに実力をつけています。

吉田陽菜は頭がいい

吉田陽菜が通っていた中学校は、愛知県名古屋市にある「名古屋市立猪高中学校」

この中学校は公立中学ですが、偏差値がとっても高いとの情報を得ました。

勉強はもちろん、スポーツにも力を入れている学校らしく、まさに文武両道。

猪高中学校から、有名な高校に進学する人も多いんだとか。

猪高中学校に通っていた吉田陽菜さんも、運動はもちろん頭もいいと思われます。

吉田陽菜の空白期間

吉田陽菜さんは2018年の大会以降、怪我が原因でしばらくフィギュアスケートをお休みすることに。

その後2019年7月に復帰した吉田陽菜さんは、邦和杯でトリプルアクセルを決め完全復活を果たします。

吉田陽菜の競技成績は?


吉田陽菜さんの、競技成績はどうなのでしょうか?

吉田陽菜の競技成績について

世界最年少で、トリプルアクセルを成功させた吉田陽菜さん。

吉田陽菜さんの、競技成績はこちら。

2016年 全日本ノービス選手権(B) 優勝

2017年 全日本ノービス選手権(A) 優勝

2019年 全日本ジュニア選手権 3位

2020年 西日本ジュニア選手権大会 2位

2020年 全日本ジュニア選手権 2位

吉田陽菜は全日本で2連覇を経験

吉田陽菜さんは、2016年の全日本ノービス選手権で初優勝をしてますが、その翌年の全日本ノービス選手権でも優勝し、2連覇を達成しているんです。

初優勝からいきなり2連覇なんて、かなり優秀な成績です。

初優勝がきっかけで、練習にも磨きがかかったのかもしれません。

吉田陽菜のコーチは誰?


吉田陽菜さんのコーチは、誰なのでしょうか?

吉田陽菜のコーチ

吉田陽菜さんのコーチを務めるのは、木下スケートアカデミーのゼネラルマネージャー「濱田美栄」さん。

濱田美栄さんは、元フィギュアスケート選手。

全日本フィギュアスケート選手権で、10位に入賞した経歴があります。

大学を卒業とともにフィギュアスケート選手としては引退し、コーチに転身。

多くのフィギュアスケート選手の指導をしてきた経歴を持っています。

ちなみにフィギュアスケート界で知名度の高い、「本田真凛」さんや「宮原知子」さんは濱田美栄さんの元生徒

「紀平梨花」さんは、吉田陽菜さんと同じく現在濱田美栄さんの生徒です。

まとめ

吉田陽菜さんのwikiプロフや競技成績、コーチは誰なのかについても調査してきました。

吉田陽菜さんは、世界最年少12歳でトリプルアクセルを決めた凄い人物だったんですね。

これまでにも多くの優秀な成績を残してきているので、これからどれだけ実力を伸ばしていくのか期待も高まります。

多くの有名フィギュアスケーターを排出してきた木下スケートアカデミーで、周りの生徒さんと励まし合いながら更なる可能性を伸ばしていってもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました