ジブリパークが愛知なのはなぜ?関係や理念コンセプトを調査

ジブリパークが愛知なのはなぜ?関係や理念コンセプトを調査【画像】 イベント情報
スポンサーリンク

2022年秋オープン予定の、「ジブリパーク」

森と相談しながら作っている、スタジオジブリの世界を表現した公園です。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にできることで話題になっていますが、なぜ愛知なのでしょうか?

愛知との関係や、ジブリパークのコンセプトも気になるところ。

そこで今回は、ジブリパークが愛知なのはなぜなのか、ジブリパークの理念やコンセプトについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ジブリパークが愛知なのはなぜ?愛・地球博が関係?


ジブリパークは、愛知県の愛・地球博記念公園内にできる予定。

なぜ愛知にできるのか、疑問の声もあがっています。

ジブリパークが愛知なのは、なぜなのでしょうか?

ジブリパークが愛知なのはなぜ?

ジブリパークは、スタジオジブリの世界観を表現したテーマパーク。

大人気のジブリ作品がたくさん展示、建設されることで話題となっていますが、なぜ愛知県なのでしょうか?

ジブリパークが愛知県にできるのは、スタジオジブリが愛知と関りがあるからのようです。

愛知県で開催された、「愛・地球博」

そこで展示されていたのが、「サツキとメイの家」

となりのトトロの時代をリアルに再現した木造の家ということで、かなり人気だったようです。

愛・地球博開催後も、ジブリのイベントが名古屋で開催されるなどジブリと愛知県には深い関りがあるようです。

ジブリパークが愛知なのは愛・地球博が関係?

ジブリパークが愛知県で開催されるのには、2005年に愛知県長久手市と瀬戸市で開催された「愛・地球博」が関係しているようです。

愛・地球博で人気だったサツキとメイの家はもちろん、ジブリのイベントも開かれるほど。

愛・地球博のテーマが、「自然の叡智 Nature’s Wisdom」ということからジブリ作品の世界観と一致。

人と自然がいかに共存していくかというのが、愛・地球博の理念でした。

この理念をそのまま残していきたいという想いから、愛知県がスタジオジブリにジブリパークの提案をしたといいます。

ジブリパークが愛知県にできるのには、愛・地球博の開催がきっかけだったんですね。

跡地を有効に利用でき、愛知県の活性化にもつながりそうですね。

スポンサーリンク

ジブリパークの理念やコンセプトは?


愛・地球博記念公園内にオープンする、ジブリパーク。

ジブリパークの理念やコンセプトって、どんなものなのでしょうか?

ジブリパークの理念とは

愛・地球博記念公園にジブリパークを作りたいと考えたのは、愛知県。

2005年に開催した愛・地球博が大成功を収めたことから、「万博成功の功績を後世に残したい」という願いからスタジオジブリにジブリパークの誘致を申し出た愛知県。

ジブリパークはテーマパークという概念ではなく、ファンタジー的要素もありつつ現実にも存在するものとして末永く「存続」していきたいという理念があります。

ジブリパークのコンセプトとは

ジブリパークのコンセプトは、「地球的規模の課題を克服しながら持続可能な社会を創生すること」

愛・地球博のテーマだった自然の叡智で、人と自然の共存をテーマにしています。

ジブリパークを建設するにあたって、宮崎吾朗監督は「らしくではなく本物を作る」とコメント。

ジブリパークを訪れたすべての人が、スタジオジブリの世界に入り込んで体感してくれることを願っているようです。

ジブリパークの提案は各所からあった

愛知県の愛・地球博記念公園内に建設することになった、ジブリパーク。

でも実は、ジブリパークを作ることについては全国各所から提案はあったんだそう。

確かに世界に愛されたスタジオジブリ作品のテーマパークとなれば、あらゆるところが手をあげますよね。

でも、スタジオジブリのあり方について納得がいかずに今日までテーマパークの建設について首を縦に振らなかったんだとか。

愛知県の提案が、スタジオジブリ作品の理念に一致したことから、ようやくジブリパークが実現することになります。

スポンサーリンク

まとめ

ジブリパークが愛知なのはなぜなのか、ジブリパークの理念やコンセプトについてご紹介してきました。

ジブリパークが愛知にできることになったのは、2005年に開催された愛・地球博との深い関りがありました。

愛・地球博成功功績を後世に残したいという愛知県の想いや、愛・地球博のテーマがスタジオジブリ作品と一致したのがきっかけ。

人と自然、自然課題やこれからの社会の創生について考えさせられるスタジオジブリ作品と愛知県の願いが合わさったジブリパーク。

どんな世界観を体感できるのか、今から楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました