着圧レギンスの寿命や買い替えのタイミングは?長持ちさせるコツも

着圧レギンスの寿命や買い替えのタイミングは?長持ちさせるコツも【画像】 美容・健康

履いているだけで脚のむくみを取ってくれて美脚効果が期待できる、「着圧レギンス」

一度履きだしたら、着圧レギンスなしでは生活できないなんて人もいるのではないでしょうか?

毎日でも履いていたい着圧レギンスですが、寿命ってどのくらいなのか気になりますよね

そこで今回は、着圧レギンスの寿命や買い替えのタイミング、長持ちさせるコツについてもご紹介していきます。

check徹底比較!美脚に見えるオススメの着圧レギンスランキング |2021年最新版

着圧レギンスの寿命はどのくらい?


デスクワークや立ち仕事が多いなど、同じ姿勢を長時間していると気になるのが脚のむくみ。

夕方には脚がパンパンになっているという人も。

そんな人の強い味方が、着圧レギンスです。

履いているだけで、普段パンパンになっていた脚のむくみが嘘のようになくなっているんです。

そんな着圧レギンスにも、寿命はあります。

着圧レギンスの寿命は、一般的に3ヵ月と言われています。

毎日着圧レギンスを履いている人の寿命が3ヵ月なので、履く頻度によっては寿命も多少長くなる人もいるかもしれません。

でも、着圧レギンスの寿命は3ヵ月だということは覚えておきましょう。

着圧レギンスの買い替えのタイミングはいつ?


脚のむくみが気になる人には欠かせない着圧レギンスですが、買い替えのタイミングはいつなのでしょうか?

着圧レギンスの買い替えのタイミングとは

着圧レギンスの買い替えのタイミングは、「効果を感じなくなった」とき。

着圧レギンス自体は、破れたりしない限り履くことはできます。

でも、着圧レギンスは脚を適度に加圧してくれることに意味があるので、毎日履いているとだんだんむくみが解消されないという悩みが出てくるはず。

というのも、着圧レギンスも履いていくうちに少しずつ伸びてくるので加圧が弱くなってしまうから。

着圧レギンスを履いているんだけど、むくみがちっとも解消しないなんて効果を感じなくなったら買い替えのタイミングです。

着圧レギンスの効果とは

着圧レギンスには、脚の血流をよくする効果があります。

ふくらはぎは脚に流れた血液を心臓に戻すためのポンプの役割をしているのですが、ふくらはぎのポンプが脚に流れた血液を心臓に戻すことによって、また新しい血液が脚に流れていくというのが体の仕組み。

ふくらはぎのポンプには筋力が必要で、その筋力は歳をとるとともに衰えてきます。

また、運動不足で筋力が弱い人もふくらはぎのポンプがうまく作動しません。

ふくらはぎのポンプがうまく作動しないと、脚に循環した血液を心臓に戻すことができなくなってしまうので血流が滞ってしまうんです。

着圧レギンスがふくらはぎのポンプの役割を手助けしてくれるので、着圧レギンスを履くことで脚のむくみが取れて脚がすっきりするんですね。

着圧レギンスを長持ちさせるコツはある?


寿命は3ヵ月と短めの着圧レギンスですが、お値段はそれなりにするのでできれば長く使用したいもの。

着圧レギンスは使い方次第で、長持ちさせることができるんです。

着圧レギンスを長持ちさせるコツについて、ご紹介しますね。

着圧レギンスの洗い方のコツ

着圧レギンスは脚にじかに履くものなので、履いた後の洗濯は欠かせません。

洗濯の頻度を減らせば長持ちすると考えがちですが、衛生上よくないので洗濯は履いた後は毎回洗うようにしましょう。

着圧レギンスを洗濯するときは、なるべく手洗いがおすすめ。

手洗いのほうが優しく洗えるので、着圧レギンスの劣化を防ぐことができます。

毎回手洗いは面倒だという人は洗濯機を使うことも可能ですが、必ずネットに入れてから洗うようにしましょう。

洗濯機も、できるだけ優しいコースでおしゃれ着用の洗剤があるとなお。

着圧レギンスの干し方のコツ

着圧レギンスの生地は、熱に弱いのが特徴。

洗濯もなるべく水を使って洗ってほしいのですが、干すときも天日干しはNG

太陽の熱で、着圧レギンスの生地を傷めてしまいます。

風通しのいい、陰干しにするのがおすすめです。

着圧レギンスは複数枚あったほうがいい

着圧レギンスは1枚を毎日履くよりも、複数枚をローテーションで履いていったほうが履く回数を減らせるし洗う回数も減るので長持ちします。

1人で毎日働くよりも、3人でローテーション勤務したほうが1人の負担は軽いですよね。

このように、1枚の着圧レギンスよりも3枚の着圧レギンスのほうが、より長持ちが期待できます。

複数枚着圧レギンスを持っていれば、洗濯機で2日に1回とか3日に1回とか着圧レギンスをまとめて洗うこともできるので洗濯の負担を減らすこともできますよ。

まとめ

着圧レギンスの寿命や買い替えのタイミング、長持ちさせるコツについてもご紹介してきました。

着圧レギンスの寿命は、およそ3ヵ月。

着圧レギンスを履いていても効果を感じられなくなったときが、買い替えのタイミングです。

洗濯方法や複数枚のローテーションを上手く使って、着圧レギンスを長持ちさせたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました