上司への年賀状には一言添えるべき?使える例文を紹介

お役立ち情報
スポンサーリンク

毎年やってくる年賀状の季節。

近年では年賀状を書く人も少なくなってきましたが、それでも年賀状のやり取りは1年に1度のコミュニケーションツールでもあります。

たいてい年賀状は、印刷したものを出す人が多いと思いますが、会社の上司に年賀状を出す場合、一言添えるべきか悩みますよね

そこで今回は、上司への年賀状には一言添えるべきなのか、どのような一言を添えたらいいのか例文もご紹介していきます。

スポンサーリンク

上司への年賀状には一言添えるべき?

上司への年賀状には、一言添えるべきなのでしょうか?

上司への年賀状には一言添えるべき?

上司への年賀状には、一言添えるべきでしょう。

年賀状は、ほとんどの人が印刷した同じものを送ることでしょう。

パソコンで印刷されただけの年賀状は、機械的で温かみが感じられません。

年賀状をもらった上司も、あまりいい気分はしないでしょう。

だからと言って年賀状を一から手書きする必要はないのですが、余白部分に上司に向けての一言はあったほうが、気持ちがこもったものとなります。

上司への年賀状で気をつけたいこととは

上司に年賀状を出すとき、必ず元旦に届くように早めに準備を進めておきましょう。

あまり気にしない人もいるかもしれませんが、部下からの年賀状が元旦を過ぎて届くのはあまり印象が良くありません。

人によっては、マナーがなっていないと腹を立てることも。

年賀状を出す期間が毎年公表されているので、その期間内に出せば元旦に届くようになっています。

また、年賀状に修正ペンや修正テープ、二重線などで訂正するのもよくありません。

間違ってしまったら、もったいないと思っても新しい年賀状に書き直しましょう。

また、消せるからと言って鉛筆書きもいけません。

消せないペンを使って書くようにしてくださいね。

書き損じのハガキでも、郵便局で手数料を払えばハガキや切手などに交換してくれるので、捨てずに取っておきましょう。

年賀状には、家族写真を載せたり子供の写真を掲載する人もいますよね。

できれば、上司にはそのような年賀状は使わない方がいいでしょう。

とても親しい上司で、家族ぐるみで仲良くしてくれているといった場合ならいいこともあるかもしれませんが、身内の写真を載せる年賀状はどちらかと言えばカジュアルな部類に入ります。

なので、上司には無難な干支の絵柄が入った年賀状を使用することをおすすめします。

スポンサーリンク

上司への年賀状に使える例文を紹介

上司への年賀状に、使える例文をご紹介いたします。

上司への年賀状に使える例文<一般的>

一般的にどんな上司にも使える例文をご紹介しますね。

「昨年はご指導ご鞭撻を賜りありがとうございました

本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします」

「今年は入社五年目になります

さらなる成長ができるよう努力してまいります」

「昨年はいろいろとお世話になりました

今年は少しでもお役に立てるよう尽力いたします」

上司への年賀状に使える例文<関わり合いのある上司>

直属の上司や、かかわりの深い上司への例文をご紹介します。

公私ともに親しい間柄であれば、多少フランクな感じでも許されるでしょう。

「昨年は公私ともに大変お世話になりました

今年も昨年同様のお付き合いをよろしくお願いいたします」

「昨年は大きなプロジェクトに関わらせていただきありがとうございます

今年もご一緒にお仕事できること楽しみにしております」

「昨年は私の失敗をフォローしてくださったこと本当に感謝しています

今年はお役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします」

上司への年賀状に使える例文<普段会わない上司>

転勤で遠くに行ってしまった上司や、退職してしまった上司は普段会うことができませんよね。

そのような上司に使える例文をご紹介します。

「ご無沙汰しておりますがお元気でお過ごしでしょうか

皆様のご健康とさらなるご活躍をお祈りいたします」

「さんの後続の上司に厳しく指導を受けております

また一緒にお仕事できることを楽しみにしております」

上司への年賀状の一言で注意したいこととは

上司への年賀上の一言添えるときは、必ず手書きで書きましょう。

年賀状自体は印刷したものでも構いませんが、メッセージは手書きしたほうが気持ちが伝わりやすく受け取った上司にも喜ばれます。

字がうまく書けない人でも、一生懸命丁寧に書くように心がけるだけでその気持ちが字に現れます。

また、上司への年賀状は縦書きで書くことが好ましく、縁を切るという意味合いのある句読点は使いません

「去る」「消える」「失う」といった、忌み言葉にも注意して書きましょうね。

スポンサーリンク

上司への年賀状には一言添えて評価アップに

上司への年賀状は、気を使う部分がたくさんあって面倒に感じますが、正月に部下から年賀状をもらうのは嬉しいこと。

あなたが書いた年賀状は、きっと上司の貴方への印象を良くします。

上司からの評価アップにつながるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

上司への年賀状には一言添えるべきなのか、どのような一言を添えたらいいのか例文もご紹介してきました。

上司への年賀状には、手書きで心を込めて一言添えて送りましょう^^

きっとあなたの評価が良くなりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました