BLACKPINK(ブルピン)ロゼの扱いがひどい理由と真相は?

BLACKPINK
スポンサーリンク

韓国大手芸能事務所「YGエンターテインメント」に所属する、韓国4人組女性アイドルグループ「BLACKPINK」

BLACKPINKは、かわいいイメージのあるピンク、その前に否定するブラックを置くことで、「美しいだけがすべてではない」というコンセプトをもっています。

また、「ブラックフライデー」という言葉もあるように、ブラックには特別という意味合いもあるんです。

キュートとセクシーを併せ持ち、歌唱力、ダンス、パフォーマンスはあっという間に世界中で人気となりました。

そんなBLACKPINKのメンバーの1人なのが、「ロゼ」です。

両親とも韓国人なのですが、ロゼはオーストラリアで生まれ育ちました。

子供のころから音楽が大好きだったというロゼ。

歌やダンスだけでなく、ギターで弾き語りもできるんです。

しかも、作詞作曲も自分でやっているというから驚き。

歌うことから演奏することまで、とにかく音楽に囲まれて生活してきたことがよくわかります。

そんなBLACKPINKロゼが、他のメンバーに比べてひどい扱いをされていると話題になっています。

今回は、BLACKPINKロゼの扱いがひどいという理由と、その真相を調査していきます。

スポンサーリンク

BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われる理由は?


BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われている理由はいったい何なのでしょうか?

BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われる理由①ソロデビューが先延ばしに

BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われている理由の1つに、ソロデビューのことがあります。

BLACKPINKジェニがいち早くソロデビューを果たしました。

それに続いてロゼもソロデビューの話があったのですが、なかなかソロデビューができずにずっと先延ばしにされていたのです。

ロゼファンたちは、いくら待ってもソロデビューしないことから憤りを隠せない様子でした。

BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われる理由②広告になるのはジェニとリサばかり

韓国の広告にBLACKPINKも起用されているのですが、その広告に写っているのはジェニとリサのものばかり

ロゼとジスのファンからは、「メンバー格差だ」と不満が漏れていました。

BLACKPINKロゼの扱いがひどいと言われる理由③ロゼだけソロ活動の経歴がない

これは、あるロゼファンが投稿した内容です。

BLACKPINKジェニやリサ、ジスは広告や雑誌、ドラマ出演などソロで活動している経歴があるにもかかわらず、ロゼだけ空欄になっているというもの。

これには、ロゼの扱いがひどいという抗議の意味を含んだものなんだそうです。

スポンサーリンク

BLACKPINKロゼの扱いがひどい?その真相は?


BLACKPINKロゼは、なぜひどい扱いを受けているのか、その真相を確かめていきましょう。

ジェニはBLACKPINKの中心的存在

BLACKPINKジェニが、他のメンバーよりも特別扱いされているというのは有名な話。

それは、ジェニがBLACKPINKのメインだからなんだそう。

BLACKPINKの演出や衣装について発言したりアドバイスをするのは、実はジェニ。

中心的立場のジェニが、どうしても特別扱いを受けているように見えるのです。

BLACKPINKメンバーの人気格差

BLACKPINKメンバーでも、特に人気の高いジェニとリサ。

平等にと言われても、どうしても人気の高いメンバーに焦点が当たってしまうんです。

BLACKPINKの魅力は、ジェニとリサのラップにあることから、ロゼが比較されてひどい扱いを受けているように感じてしまうようです。

スポンサーリンク

まとめ

BLACKPINKロゼの扱いがひどいという理由と、その真相を調査してきました。

アイドルグループには、人気の格差はどうしても出てくるもの。

ロゼファンとしては、ロゼの扱いがひどいと感じてしまうかもしれませんが、無事にソロデビューも果たしました。

もっともっとロゼの魅力は広がっていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました