チューリップの花言葉の意味は色別や本数で変わる?贈るシーン別に使い分けよう

チューリップの花言葉の意味は色別や本数で変わる?贈るシーン別に使い分け【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

卒業式や入学式、鉢に植えられたチューリップが花道を作ってくれているのをよく見かけます。

チューリップって、赤や黄色、オレンジなどいろんな色がありますよね。

チューリップ自体には「思いやり」や「博愛」といった花言葉がありますが、チューリップの花ことばの意味は、色別にも存在しています。

色だけじゃなく、本数でも花言葉の意味が変わるのだとか。

チューリップの花言葉の意味が、色別や本数でどう変わるのか気になりますよね。

そこで今回は、チューリップの花言葉の意味は色別や本数でどう変わるのかを知って、チューリップを贈るシーン別に使い分けられるようになりましょう。

スポンサーリンク

チューリップの花言葉の意味は色別で変わる?


チューリップの花言葉の意味は、色別で変わるのでしょうか?

チューリップの花言葉の意味とは

チューリップの花言葉は、「思いやり」や「博愛」です。

この花言葉がつけられた由来になるのが、オランダでの昔話

オランダに美しい少女がいたのですが、その少女に3人の騎士が恋をします。

3人の騎士はその美しい少女に振り向てもらうために、1人は王冠、もう1人は剣、そしてあと1人は黄金を少女に贈りました。

美しい少女は3人の騎士の気持ちが嬉しかったものの、1人を選ぶことができず悩んだ末に花の女神フローラに「私を花の姿に変えてください」とお願いしたといいます。

フローラは少女の願いに応え、チューリップの姿に変えたのです。

そのチューリップの花は王冠、葉は剣、球根は黄金を表しているのだとか。

その少女の想いから、思いやりとか博愛という花言葉がつけられたのだそうです。

チューリップの花言葉の意味は色別でどう変わるのか

チューリップの花言葉の意味は、色別で違ってきます。

チューリップの花言葉の意味を、色別でご紹介していきます。

赤いチューリップ

赤いチューリップは、「真実の愛」「愛の告白」という花言葉の意味があります。

バラもそうですが、赤って情熱のイメージがありますよね。

まさに、赤いチューリップは愛の証ということですね。

黄色いチューリップ

黄色いチューリップは、「正直」「希望のない恋」という花言葉の意味があります。

太陽をイメージさせる黄色は、まっすぐな気持ち表す花言葉ですね。

ただ、希望のない恋という切ない花言葉も持ち合わせているようです。

オレンジのチューリップ

オレンジのチューリップは、「照れ屋」という花言葉の意味があります。

頬を染めるイメージのあるオレンジは、シャイな意味が込められているようです。

ピンクのチューリップ

ピンクのチューリップは、「愛の芽生え」「誠実な愛」という花言葉の意味があります。

ピンクは、赤に比べると柔らかい色合い。

情熱というよりは、これから愛を育んでいく恋人同士のような甘い印象を与えています。

紫色のチューリップ

紫色のチューリップは、「不滅の愛」「永遠の愛」という花言葉の意味があります。

赤い情熱から紫色に落ち着いた、結婚して一生を添い遂げる熟年夫婦の愛のイメージでしょうか。

貫禄がありますね。

緑色のチューリップ

緑色のチューリップは、「美しい目」という花言葉の意味があります。

緑色のチューリップを見たことがありませんが、珍しい色のようです。

それだけ、神秘的で個性的なイメージからついた花言葉なのでしょう。

白いチューリップ

白いチューリップは、「新しい愛」「失恋」という花言葉の意味があります。

真っ白で何にも染まっていないイメージから、「新しい」という言葉はピッタリです。

これから、何色に染まるのか楽しみな色合いですね。

ただ、失恋という意味もあるのでいい花言葉だけではなさそうです。

黒いチューリップ

黒いチューリップは、「私を忘れて」という花言葉の意味があります。

黒といっても真っ黒ではなく、赤黒いといったほうが性格なのかもしれません。

花はきれいですが、やはり黒という色合いから花言葉もあまりいいイメージではないようです。

スポンサーリンク

チューリップの花言葉の意味は本数でも変わる


チューリップの花言葉の意味は、色別でもだいぶ違ってきていますよね。

チューリップの花言葉の意味は色別だけじゃなく、本数でも変わることをご存じですか?

チューリップの本数によって変わる、花言葉の意味はこちら。

1本:あなたは私の運命の人

3本:あなたを愛しています

4本:あなたを生涯愛し続けます

8本:あなたの想いみ感謝しています

9本:いつまでも一緒にいてほしい

12本:恋人になってほしい

40本:あなたに永遠の愛を誓う

99本:永遠の愛

108本:私と結婚してください

こんなに意味があるんです。

プロポーズには、108本のチューリップを用意しないといけませんね。

スポンサーリンク

チューリップを贈る時はシーン別に使い分けよう


チューリップの花言葉の意味は、色別や本数で変わります。

チューリップを贈りたいときは、家族や妻、彼女、お世話になった人など相手や目的によって使い分けるといいですね。

花言葉を気にしない人もいますが、花言葉に合った色と本数を贈ることでより気持ちも伝わりやすいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

チューリップの花言葉の意味は色別や本数で変わるのか、チューリップを贈るシーン別に使い分けられるようご紹介してきました。

チューリップって、いろんな色があってそれぞれに花言葉が変わってくることがわかりましたね。

色だけじゃなく、本数によっても花言葉は変わってきます。

贈る相手やシーンに合わせて、チューリップの色や本数を使い分けることができるとあなたの評価もあがりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました