凛子さんはシてみたい/ドラマの原作は?脚本家についても!

2021秋ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月からスタートする新ドラマ、「凛子さんはシてみたい」

10月19日から、MBSとTBSで毎週火曜日に放送されます。

高田夏帆さんとA.B.C-Zの戸塚祥太さんがダブル主演を務めるとあって、ドラマにも期待が高まっています。

ドラマには原作があるものが多いですが、「凛子さんはシてみたい」にも原作があるのか気にあるところ。

そこで今回は、「凛子さんはシてみたい」に原作はあるのか脚本家についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

凛子さんはシてみたい/ドラマの原作はある?


ドラマ「凛子さんはシてみたい」に、原作はあるのでしょうか?

凛子さんはシてみたいに原作はある?

ドラマ「凛子さんはシてみたい」の原作は、「マンガ」です。

「めちゃコミック」のオリジナル作品で、2017年12月1日から現在も連載中です。

めちゃコミックと言えば、今や誰もが知っている電子コミック配信サービスですよね。

月間利用者2800万人を誇るめちゃコミックで、「凛子さんはシてみたい」はランキング1位を獲得した超人気マンガなんです。

まだ連載中ということは、ドラマの結末は誰も知らないんですよね。

凛子さんはシてみたいの原作者は?

「凛子さんはシてみたい」の原作マンガを手掛けるのは、「藤田みお」さん。

大阪出身の漫画家です。

藤田さんは実の姉がもともと漫画家を目指していたようです。

思春期でマンガを描かなくなった姉が、藤田さんに漫画家セットをあげたことがきっかけで、漫画家を目指したと言います。

人生何がきっかけで人生が変わるのか、わかりませんね。

凛子さんはシてみたいはどんなストーリーなの?

「凛子さんはシてみたい」は、うぶキュンなラブストーリーです。

雨樹凛子(高田夏帆)は、27歳で最年少ウエディングプランナーのチーフに昇格。

地位や名誉をほしいままにする、女性の憧れ的存在。

でも、彼女にはいまだ未体験という誰にも言えない秘密があったのです。

そんな凛子の同僚上坂弦(戸塚祥太)は、契約数1位を誇るできる男。

イケメンでどこかミステリアスな雰囲気をもつ彼は、女性にモテる要素満載。

でも、彼も実は未経験。

弦の事情を知った凛子は、弦と脱・未経験パートナー協定を組み、未来の愛する人のために練習を始めることに…

体から始まる2人の恋の行方がどんな展開を繰り広げていくのか、毎回胸キュンしそうです。

スポンサーリンク

凛子さんはシてみたい/ドラマの原作者の過去作品は?


「凛子さんはシてみたい」の原作者藤田みおさんは、過去にもマンガを出版しています。

「妄想よりすごいコト、する?」や「29歳、キスの先は未遂」と、いずれもめちゃコミックオリジナルの人気マンガを描いています。

過去の作品はすでに完結しているので、気になる人は読んでみるといいですね。

スポンサーリンク

凛子さんはシてみたい/ドラマの脚本家は誰?

凛子さんはシてみたい/ドラマの原作は?脚本家についても!【画像】

「凛子さんはシてみたい」の脚本家は、「倉光泰子」さん。

埼玉県出身の脚本家です。

小さいころから映画が好きだった倉光さんは、高校生のときに見た映画に影響を受けて脚本家を目指すようになったのかとか。

過去には、フジテレビのドラマ「ラヴソング」や「アライブ がん専門医のカルテ」など、多くのテレビドラマの脚本を手掛けています。

また、ネット配信ドラマの脚本にも携わっていいるようです。

スポンサーリンク

まとめ

「凛子さんはシてみたい」に原作はあるのか、脚本家についてもご紹介してきました。

「凛子さんはシてみたい」の原作は、藤田みおさんが描くめちゃコミックでランキング1位を獲得した人気連載マンガです。

マンガはまだ連載中なので、ドラマオリジナルの結末が用意されているかもしれませんね。

実写化した「凛子さんはシてみたい」がどんなドラマに仕上がっているのか、今から放送されるのが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました