引っ越し挨拶の粗品の相場はどのくらい?

引っ越し挨拶の粗品の相場はどのくらい?いくら?【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

引っ越しをしたときに必ずと言っていいほどついて回るのが、挨拶。

引っ越しの挨拶を経験した人ならわかると思いますが、挨拶の際に渡す粗品を渡したりもらったりしますよね。

そう、引っ越し挨拶には手土産が必要なんです。

そんな引っ越し挨拶の粗品の相場ってどのくらいなのか、気になりますよね

そこで今回は、引っ越し挨拶の粗品の相場はどのくらいなのか、どんな粗品を選んだらいいかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶の粗品の相場はどのくらい?


引っ越し挨拶の粗品の相場は、引っ越しの形態によっても違ってくるようです。

それぞれの引っ越し挨拶の粗品の相場について、ご紹介していきます。

引っ越し先が賃貸物件の場合

引っ越し先が賃貸のマンションやアパート、社宅などの場合、そこにどのくらい住むかわかりませんよね。

1,2年の人もいれば、10年以上住む人もいるでしょう。

賃貸物件に引っ越したときは、そこにはそう長くは住まないという考えから、粗品の相場は1件当たり500円程度で考えておくといいでしょう。

ちなみに引っ越し先がマンションやアパートの場合は、管理人や大家さんがいる場合がほとんど。

管理人や大家さんに挨拶に行くときには、1000円程度の粗品を準備しておきましょう。

引っ越し先が新居や分譲マンションの場合

引っ越し先が新築もしくは中古の一軒家や分譲マンションを購入したというときは、そこに長く住む可能性が高いので、引っ越し挨拶の粗品の相場は1000円程度と考えておきましょう。

ご近所さんとも長くお付き合いすることになるので、少し価格が上がるようです。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶の粗品を選ぶ基準は?


引っ越し挨拶の粗品を選ぶときは、どんな基準で決めたらいいのかをご紹介していきます。

引っ越し挨拶の粗品は何にするかが重要

引っ越し挨拶の粗品を選ぶときの相場については先ほどご紹介しましたが、予算の範囲内で何を贈るかが重要になってきます。

引っ越し挨拶の粗品は、管理人や大家さんは別ですが、ご近所さんで品物を変えるのはあまりよくありません

というのも人によって品物を変えたりすると、格差を感じてしまう人もいるからです。

なので引っ越し挨拶の粗品は同じもので統一したほうがいいのですが、何にするかを決めなければ先に進むことができません。

引っ越し挨拶の粗品のジャンルを決めてしまえば、選択肢も絞ることができるので選びやすくなります。

お菓子

引っ越し挨拶の粗品に定番なのが、「お菓子」

クッキーやおせんべいなど、500円程度でもいろんな種類があるので選びやすいですよね。

お菓子はギフトとしても選ばれることが多いので、同じものがたくさん準備してあり大量に購入しやすいです。

大手洋菓子チェーンなどでは、価格によってギフトセットを準備しているので価格で選びやすいですよね。

のしなどもきちんと用意されているので、すぐに渡すことができます。

洗剤・石けん

引っ越し挨拶の粗品として無難と言われいてるのが、「洗剤や石けん」

洗剤や石けんは日常で誰しもが使うもの。

あっても困りませんよね。

なので、ご近所さんが老夫婦でもお子さんのいるご家族でも、一人暮らしの人であっても迷惑にならないところがメリット。

タオル

引っ越し挨拶の粗品としてこちらも無難なのが、「タオル」

タオルも必ず使うものだし、使っているとよれたり破れたりするので新しいものに買い替えますよね。

タオルも、どんな人でも使うことができるのでおすすめです。

引っ越し挨拶の粗品に不向きなものとは

引っ越し挨拶の粗品として不向きと言われているのは、お菓子。

お菓子も粗品のジャンルに含まれていますが、それは賞味期限の長いクッキーやおせんべいのようなもの。

生菓子や和菓子のような賞味期限が短いものは、引っ越し挨拶の粗品としては不向きなので、選ぶときは気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

引っ越し挨拶の粗品で喜ばれるものは?


引っ越し挨拶の粗品で喜ばれるものは、「万人受けするもの」なんです。

引っ越し挨拶に行く相手は、若い人かもしれないし高齢の人かもしれない。

大家族かもしれないし、1人暮らしかもしれない。

どんな人にでも喜ばれるもの、それが引っ越し挨拶の粗品で喜ばれるものです。

自分が普段使っているものであっても困らないもの、そういう品物を引っ越し挨拶の粗品に選びたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

引っ越し挨拶の粗品の相場はどのくらいなのか、どんな粗品を選んだらいいかについてご紹介してきました。

引っ越し挨拶の粗品の相場は、引っ越し先の形態にもよりますが、500円から1000円くらいで考えておくといいでしょう。

粗品は、誰にでも喜ばれるような万人受けするものを選ぶと間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました