ラルクライブ座席変更で払い戻しや返金はできる?レイアウト変更で批判炎上も

ラルクライブ座席変更で払い戻しや返金はできる?レイアウト変更で批判殺到【画像】 ミュージシャン
スポンサーリンク

ロックバンドL’Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)の結成30周年記念のライブ「30th L’Anniversary LIVE」が5月21日・22日に東京ドームで開催されます。

しかし、開催直前である5月18日に突如、ライブ会場座席のレイアウト変更が発表されたことがキッカケで炎上し、SNSなどでもチケットの払い戻しや返金を求める批判の声が殺到しています。

今回のラルクライブ座席変更に伴う払い戻しや返金対応はあるのでしょうか?

ラルクライブ座席変更で払い戻しや返金はできる?レイアウト変更で批判炎上もと題して、ラルクの炎上騒動についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ラルクライブ座席変更前後のレイアウトの違いは?比較検証

事の発端は、2022年5月18日。

ラルクライブの運営サイドから、何の前触れもなく、ライブ座席のレイアウト変更が発表されました。

この変更により、

座席レイアウト変更前

SS席➡アリーナ席のみ

S席➡1階スタンド席のみ

A席➡バルコニー席、2階スタンド席

↓↓↓

座席レイアウト変更後

SS席➡アリーナ席、1階スタンド席(変更前のS席相当)

S席➡1階スタンド席、バルコニー(変更前のA席相当)、2階スタンド席(変更前のA席相当)

A席➡2階スタンド席のみ(バルコニー席の割り当てはなし)

というレイアウトとなりました。

アリーナ席であることを期待してSS席を申し込みしたのに、元のS席相当である1階スタンド席になったり、ステージの見やすさを重視して1階スタンド席であるS席を申し込みしたのに、元のA席相当である2階スタンド席になる・・・

というような、ライブ座席レイアウトの大幅な改悪が行われました。

ちなみに、各チケット料金は以下になります。(ステージに近い順)

  • W会員シート(2万2000円)
  • SS席(2万2000円)
  • S席(1万6500円)
  • A席(1万1000円)
    ※上記にそれぞれシステム手数料990円/枚 がかかります。

W会員シートとは・・・

「W会員」とは、「Official Fan Club LE-CIEL」と「Digital Fan Club LE-CIEL (年会費コース)」の両方に入会の会員で、チケット最速1次先行の対象となる。

今回のラルクライブ座席にはW会員シートが設けられており、申込者本人がW会員である必要があり、同行者がいる場合は、その同行者もW会員でなければなりません。

「Official Fan Club LE-CIEL」会費

初年度年会費 ¥6,930
(年会費¥6,600+事務手数料¥330)

継続時年会費 ¥5,830
(年会費¥5,500+事務手数料¥330)

「Digital Fan Club LE-CIEL (年会費コース)」会費

年会費 ¥5,000

今回のラルクのライブチケットでは、SS席とS席では5,500円の差、S席とA席では6,500円の価格差があります。

アリーナ席確約でないのであれば、高額なSS席ではなく、始めからS席やA席を選んで申し込みした人もいたでしょうし、直前になってのこのような座席変更は詐欺と言われても仕方ないレベルですよね><

少しでも近くでラルクを見たい!と良席を期待していたラルクファンが、思わぬ形で後方の座席になってしまう残念な結果に。

ラルクのライブ運営側の対応はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

ラルクライブ座席変更で払い戻しや返金はできる?

今回のラルクライブ座席レイアウト変更に関しての払い戻しや返金対応は現時点ではありません。

ラルクアンシエル公式サイトでは、今回のライブの座席レイアウト変更に関して謝罪文が公開されました。

ラルクライブ座席レイアウト変更に関しての公式謝罪文

「30th L’Anniversary LIVE」東京ドーム公演 座席図イメージ(最終) 公開について

この度は、「30th L’Anniversary LIVE」のチケットをご購入いただきありがとうございます。

ステージプラン決定にともない座席図イメージが確定したため、先日、皆さまに座席図イメージ(最終)を公開させていただきました。

当初公開していた座席図イメージについては「ステージや座席レイアウトは予告なく変更になる場合」があることをあらかじめ告知させていただいておりましたが、当初と異なる座席図イメージ(最終)を事前の説明なく公開したことにより、皆さまにご不安と混乱を招いてしまったことについて心よりお詫び申し上げます。

公演間近のご案内となりましたが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。30th L’Anniversary LIVE事務局
MAVERICK DC
ON THE LINE
Live Nation Japan
SOGO TOKYO

引用:ラルクアンシエルファンクラブ「LE-CIEL」公式サイトより

謝罪文には、「ステージや座席レイアウトは予告なく変更になる場合」があるということは申し込み段階で事前に告知していたということが記載されており、座席レイアウト変更に関しての払い戻しや返金対応に関しては記載されていませんでした。

公演も直前に迫っているので、払い戻しや返金対応は行われる予定がないのかもしれませんね。

※払い戻しや返金対応に関しては、新たな情報が入り次第追記してきたいと思います。

スポンサーリンク

ラルクライブ座席レイアウト変更で批判炎上!消費者庁へ通報の声も

SNS上では、今回のライブ座席変更に関しての批判が殺到し、返金や払い戻しを求める声が多く上がっています。

中には、「ライブを見れるだけでも良い」「座席変更の可能性は事前に告知してあった」などの意見もありましたが、チケット代は決して安くありません。

消費者庁へ通報する動きも多くみられましたが、当初の座席レイアウトでないのであれば、差額分の返金をして欲しいと思うのも妥当だと言えるでしょう。

今後の運営の対応がとても気になります。

スポンサーリンク

【まとめ】ラルクライブ座席変更で払い戻しや返金はできない

L’Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)のライブ「30th L’Anniversary LIVE」での直前の座席レイアウトが行われましたが、現時点では払い戻しや返金対応はありません。

公式サイトでは、ライブ座席変更に関する謝罪文が掲載されたのみで、払い戻しや返金対応についての発表がないので、払い戻しや返金対応の予定もなさそうです。

「座席変更の可能性がある」との記載が事前にあったとしても、今回の座席変更はあまりにも酷いと感じました。

今回のライブ座席変更で悲しい思いをしたファンもかなり多いと思います。

批判炎上することで、ラルクのメンバーが悪く思われてしまったり、ファン同士が争ったりするのが非常に残念でなりません。

ファンの期待を裏切るようなことがないよう、適切な運営を願いたいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました