クレイエンスの副作用で肌荒れする?全成分(原材料)と安全性まとめ

クレイエンスの副作用で肌荒れはしない?全成分と安全性まとめ【画像】 クレイエンス(clayence)
スポンサーリンク

この記事では、クレイエンス(clayence)クレイスパカラートリートメント
●副作用による肌荒れ
●使用されている全成分(原材料)
●安全性
についてまとめています。

クレイエンスの副作用で肌荒れはしないかな?

クレイエンスに使われている成分の安全性はどうだろう?

といった、クレイエンスクレイスパカラートリートメントの副作用に不安を抱いているのではないでしょうか?

このような購入前の疑問や不安を解決するために、クレイエンスの副作用や成分(原材料)からみる安全性についても徹底調査していきます。

敏感肌の方や肌荒れしやすい方でクレイエンスの成分や安全性が気になっていて購入を迷っている方の参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

クレイエンスの副作用で肌荒れは起こるの?

クレイエンスの副作用で肌荒れ画像

クレイエンスクレイスパカラートリートメントは“薬”ではなく、“化粧品の一種”です。

その為、

使用したからといって重い副作用を起こすということはありません。

しかし、クレイエンスに含まれている成分で起こりうる症状とその対策について調査してみました。

公式サイトの利用規約には以下のように記載されています。
当社では、肌に優しい商品づくりへ一貫したこだわりをもち、肌トラブルを引き起こす可能性がある成分を徹底的にカットした商品を製造・販売しております。しかしながら、お客様の体質、肌質、体調などによっては肌に合わず、ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの肌トラブルが生じる可能性がございます。
クレイエンスを使用して起こりうること:肌トラブルや頭皮トラブル
肌トラブルや頭皮トラブルは誰にでも起こりうるものです。
その為、体調が悪い時、肌の調子が良くない時には、使用しないのが無難です。
もしも、クレイエンスを使い始めて、頭皮の違和感や肌荒れ、体の不調を感じたら、まずはすぐに使用を中断して下さい。

使用を止めても症状が改善せずにひどくなる場合には、早めに病院を受診しましょう。

何らかの肌トラブルを生じた際は、クレイエンスのカスタマーサービスセンターに連絡を入れ、状況を説明すると良いでしょう。

カスタマーサービスセンター
0120-557-020(平日9:00~21:00、土日祝9:00~18:00 ※年末年始を除く)
肌荒れや頭皮トラブルが生じた場合は、商品到着後30日以内であれば、全額返金対応もしてもらえます。
スポンサーリンク

クレイエンスで使用されている全成分(原材料)は?

クレイエンス全成分と安全性の画像

続いて、クレイエンスクレイスパカラートリートメントの原材料としてどんなものが使われているか気になる方もいると思いますので、原材料として使用されている全成分についても詳しくみていきたいと思います!

まず商品概要に記載されていた成分(原材料)は以下の通りです。

カオリン、イライト、モンモリロナイト(吸着成分)、流紋岩末、フムスエキス(毛髪補修成分)
ヘマチン(毛髪補修・毛髪着色成分)、アセチルヘキサペプチド-1(毛髪補修成分)、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCL(全て毛髪補修成分・保湿成分)
塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76(毛髪着色成分)
HC青2、HC黄4、HC黄2(毛髪着色成分)
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(毛髪補修成分)
サイペラスエスクレンタス根油、サルビアヒスパニカ種子油、アフリカマンゴノキ核脂(エモリエント成分)、γ-ドコサラクトン(毛髪補修成分)

いくつか気になる原材料をピックアップして詳しく調べてみました。

クレイエンスの成分①とは・・・クレイブレンド5種

カオリン、イライト、モンモリロナイト、流紋岩末、フムスエキスのクレイブレンド5種は、髪に必要なミネラルをたっぷりと含有したクレイ成分。
クレイの力で髪の汚れや頭皮の余分な皮脂を吸着してくれるので、ニオイ対策をしながら綺麗な髪色に染まる状態へと整えてくれる効果が期待できます。

クレイエンスの成分②とは・・・ヘマチン

ヘマチンは、トリートメント作用を働かせながら黄ばみを抑え、自然な黒髪へと補正してくれる効果が期待できる美髪成分です。

クレイエンスの成分③とは・・・3種のシードオイル

サイペラスエスクレンタス根油、サルビアヒスパニカ種子油、アフリカマンゴノキ核脂の3種のシードオイルによりキューティクルの剥がれを閉じて髪表面をコーティングしてくれます。
髪にツヤを与えてくれながらも、色落ちを防ぐ効果が期待できます。

このように、クレイエンスには、美髪ケア効果が期待できる成分が原材料としてたっぷり使われていることがわかりますよね♪

スポンサーリンク

クレイエンスの安全性は?

【引用】クレイエンス公式サイトより

クレイエンスは、9つのフリー処方で、髪と地肌へ優しい成分で作られており、肌トラブルを引き起こす可能性のある成分を徹底的にカットしています。

しかし、公式サイトにある注意書きを見ると以下のように記載がありました。

当社では、肌に優しい商品づくりへ一貫したこだわりをもち、肌トラブルを引き起こす可能性がある成分を徹底的にカットした商品を製造・販売しております。しかしながら、お客様の体質、肌質、体調などによっては肌に合わず、ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの肌トラブルが生じる可能性がございます。
肌トラブルや頭皮トラブルは誰にでも起こりうるものです。
その為、体調が悪い時、肌の調子が良くない時には、使用しないのが無難です。

アレルギーがある方や妊娠中などで肌が敏感になっている方などは、使用前にしっかりと成分を確認するか、医師に相談するなど安全性を確認してから使用して下さい。

スポンサーリンク

まとめ

クレイエンスの副作用や成分(原材料)からみる安全性について調べてまとめてみました。

クレイエンスは、“薬”ではありません。

その為、クレイエンスの副作用はなく、髪と地肌へ優しい成分で作られており、肌トラブルを引き起こす可能性のある成分を徹底的にカットされた安全な白髪用カラートリートメントです。
(アレルギーの方、妊娠中で肌が敏感な方は使用前にしっかりと成分と安全性を確認して下さいね!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました