リンクルカバーファンデーションの副作用は?成分(原材料)と安全性まとめ

リンクルカバーファンデーションの副作用は?成分と安全性【画像】 薬用リンクルカバーファンデーション
この記事では、リンクルカバーファンデーション
●副作用による肌荒れの可能性の有無
●使用されている全成分(原材料)
●安全性
についてまとめています。

リンクルカバーファンデーションの副作用で肌荒れはしないかな?

リンクルカバーファンデーションに使われている成分(原材料)の安全性はどうだろう?

といった、リンクルカバーファンデーションの副作用に不安を抱くことはないでしょうか?

このような購入前の疑問や不安を解決するために、リンクルカバーファンデーションの副作用や成分(原材料)からみる安全性についても徹底調査していきます。

敏感肌の方や肌荒れしやすい方でリンクルカバーファンデーションの成分(原材料)や安全性が気になっていて購入を迷っている方の参考になれば幸いです^^

リンクルカバーファンデーションの副作用で肌荒れは起こるの?

リンクルカバーファンデーションの副作用の画像

リンクルカバーファンデーションは、薬用としてきちんと効果があると検証された成分が配合された「医薬部外品」であり、”薬”ではありません。

その為、

使用したからといって重い副作用を起こすということはありません。

しかし、リンクルカバーファンデーションに含まれている成分(原材料)で起こりうる症状とその対策について調査してみました。

リンクルカバーファンデーションを使用して起こりうること:肌トラブル
肌トラブルは誰にでも起こりうるものです。
その為、体調が悪い時、肌の調子が良くない時には、使用しないのが無難です。
もしも、リンクルカバーファンデーションを使い始めて、違和感や肌荒れ、体の不調を感じたら、まずはすぐに使用を中断して下さい。

使用を止めても症状が改善せずにひどくなる場合には、早めに病院を受診しましょう。

何らかの肌トラブルを生じた際は、Right Here公式ショップに連絡を入れ、状況を説明すると良いでしょう。

Right Here公式ショップ
0120-572-500(平日9:00~18:00 土日祝を除く)

肌荒れや肌トラブルが生じた場合は、30日の全額返金保証期間内であれば、全額返金対応もしてもらえます。

リンクルカバーファンデーションの解約方法の詳細を知りたいからはコチラから
>>リンクルカバーファンデーションは解約できない?条件や注意点を簡単に解説!

リンクルカバーファンデーションで使用されている全成分(原材料)は?

クレイエンス全成分と安全性の画像

続いて、リンクルカバーファンデーションの原材料としてどんな成分が使われているか気になる方もいると思いますので、原材料として使用されている全成分についても詳しくみていきたいと思います!

まず商品概要に記載されていた成分(原材料)は以下の通りです。

成分:ナイアシンアミド*、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、低温焼成酸化亜鉛、微粒子酸化チタン、1,3-ブチレングリコール、メチルポリシロキサン、n-オクチルシリル化酸化チタン、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、ジ2-エチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、セバシン酸ジイソプロピル、ポリエチレングリコール400、ナイロン末、硫酸バリウム、1,2-ペンタンジオール、マルチトール液、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、シロキクラゲ多糖体、プルーン酵素分解物、サクラ葉抽出液、セイヨウハッカエキス、キウイエキス、ヒメフウロエキス、メマツヨイグサ抽出液、オウゴンエキス、ウコンエキス、アロエエキス(2)、ビルベリー葉エキス、ユズセラミド、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、異性化糖、トリメチルシロキシケイ酸、イソステアリン酸、ポリヒドロキシステアリン酸、硫酸マグネシウム、酸化アルミニウム、メチルハイドロジェンポリシロキサン、酸化亜鉛、メチルシロキサン網状重合体、無水ケイ酸、合成金雲母、合成金雲母(2)、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ポリ(オキシエチレン・オキシプロピレン)メチルポリシロキサン共重合体、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、n-オクチルシリル化黄酸化鉄、n-オクチルシリル化ベンガラ、n-オクチルシリル化黒酸化鉄、酸化チタン、タルク、ステアリン酸、雲母チタン
*は「有効成分」、無表示は「その他の成分」

全成分の中からいくつか気になる原材料をピックアップして詳しく調べてまとめてみました。

リンクルカバーファンデーションの成分①とは・・・ナイアシンアミド

有効成分ナイアシンアミドは、気になるしわを改善してくれます。
また、メラニンの生成を抑えて日焼けによるシミやそばかすを防ぐので、美白効果も!
肌が明るくなり、しわの悩みを解消してくれます。

リンクルカバーファンデーションの成分②とは・・・11種のナチュラルエキス

プルーン酵素分解物、サクラ葉抽出液、セイヨウハッカエキス、キウイエキス、ヒメフウロエキス、メマツヨイグサ抽出液、オウゴンエキス、ウコンエキス、アロエエキス(2)、ビルベリー葉エキス、ユズ果実エキスの11種のナチュラルエキスを独自配合。
たっぷりの保湿成分で、うるおう素肌を実現します。

このように、リンクルカバーファンデーションには、しわ改善と美白効果が期待できる成分が原材料としてたっぷり使われていることがわかりますよね♪

リンクルカバーファンデーションの安全性は?

リンクフェードファンデーションの副作用で肌荒れ?成分と安全性の画像

【出典】リンクルカバーファンデーション公式サイトより

リンクルカバーファンデーションは、7種の無添加処方で、肌へ優しい成分で作られており、肌トラブルを引き起こす可能性のある成分を徹底的にカットしています。
しかし、肌トラブルは誰にでも起こりうるものです。
その為、体調が悪い時、肌の調子が良くない時には、使用しないのが無難です。

特に、アレルギーがある方や妊娠中などで肌が敏感になっている方などは、使用前にしっかりと成分(原材料)を確認するか、医師に相談するなど安全性を確認してから使用して下さい。

リンクルカバーファンデーションは安心・安全な国内生産

リンクフェードファンデーションの副作用で肌荒れ?成分と安全性の画像

リンクルカバーファンデーションは、日本国内のGMP認定工場にて、安全に生産されています。

GMP(適正製造基準)・・・食品および飲料、化粧品、医薬品の製造および販売の認可および認可を管理する機関が推奨するガイドライン

安心・安全な製品を生産するためのガイドラインに基づいて作られた”メイドインジャパン”ということで安心できますね^^

まとめ

リンクルカバーファンデーションの副作用や原材料からみる安全性について調べてまとめてみました。

リンクルカバーファンデーションは、薬用としてきちんと効果があると検証された成分が配合された「医薬部外品」です。

その為、リンクルカバーファンデーションの重篤な副作用はないものと考えられます。

リンクルカバーファンデーションは、肌へ優しい成分で作られており、肌荒れを引き起こす可能性のある成分(原材料)を徹底的にカットされて作られた安全なファンデーションです。
(アレルギーの方、妊娠中で肌が敏感な方は使用前にしっかりと成分と安全性を確認して下さいね!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました