東京の梅雨入りと梅雨明け2022年はいつ?平年値や例年の傾向も

2022年|東京の梅雨入りと梅雨明けはいつ?平年値や例年の傾向も【画像】 お役立ち情報
スポンサーリンク

ぽかぽか春陽気も束の間、あっという間に初夏の気候になってきました。

本格的な夏を迎える前に訪れるのが、「梅雨」

湿気が多くてじめじめしてて、洗濯ものがなかなか乾かない。

あまりいいイメージがない梅雨ですが、毎年梅雨入り時期が気になりますよね。

東京では、梅雨入りと梅雨明けはいつなのでしょうか?

そこで今回は、東京の梅雨入りと梅雨明けはいつなのか、2022年の予想をするとともに、平年値や例年の傾向もご紹介していきます。

\累計販売本数6500本突破!/

畳んでも手が濡れない傘を見てみる>>

スポンサーリンク

2022年|東京の梅雨入りはいつから?平年より早い?


1年で、一番嫌な季節でもある「梅雨」。

洗濯ものが乾かず、コインランドリーにお世話になる人も多いのではないでしょうか?

片頭痛もちの私としては、梅雨はとっても憂鬱です。

2022年の東京の梅雨入りは、いつからなのでしょうか?

2022年|東京の梅雨入りはいつから?

2022年、東京の梅雨入りが気になりますよね。

2022年の東京の梅雨入りは、6月6日から6月15日までの間だと予想されています。

梅雨入りの予想って、どのようにされているのか疑問ですよね。

梅雨入りを予想しているのは、気象庁。

東京には、関東甲信、北陸、東海地方を管轄している東京管区気象台があります。

東京管区気象台が、東京の気象台も担当しているのだそう。

気象庁の梅雨入り予想は、1951年から毎年の梅雨入り時期を記録してその年の梅雨入りを予想しているんです。

ということは、過去70年以上前からのデータをもとに予測されているということ。

統計的データで、梅雨入り予想がされているんですね。

2022年|東京の梅雨入りは平年より早い?

2022年の東京の梅雨入りが、平年より早いのか気になりますよね。

東京の梅雨入り、平年は6月7日となっています。

2022年の梅雨入り予想が6月6日から6月15日なので、平年とほぼ同じくらいというところですね。

東京は関東甲信に含まれる

東京の梅雨入り予想をご紹介していますが、東京は全国では「関東甲信」に含まれています。

関東甲信地方とは、東京を含む「茨城県」「栃木県」「群馬県」「埼玉県」「千葉県」「神奈川県」「長野県」「山梨県」の1都8県ことをいうんです。

東京近辺は、県が密集しているので気象予報に含まれる県も多いんですね。

なので東京の梅雨入りは、関東甲信地方の梅雨入りを予想していると考えておきましょう。

スポンサーリンク

東京の梅雨入り平年値は?


東京の梅雨入りの平年値は、どうなのでしょうか?

東京の梅雨入り平年値は?

東京の梅雨入りの平年値は、6月7日ごろ。

これは、1951年からの梅雨入りのデータをもとに作成されたものです。

1951年から2021年までの過去71年間のデータからは、平均して6月上旬が一番梅雨入りが多いんです。

ここ最近の梅雨入りデータを見ても、6月上旬が多いことがわかっています。

ちなみに6月下旬が2番目に多く、6月中旬が3番目に多いです。

このようにして、東京の梅雨入りの平年値が定められているんですね。

東京の最も早い梅雨入りは?

東京の最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日

ゴールデンウイーク明けに、梅雨に入った年があるんですね。

東京の最も遅い梅雨入りは?

東京の最も早い梅雨入りは、2021年の5月11日でした。

そして最も遅い梅雨入りが、1967年と2007年の6月22日

最も遅い梅雨入りは、6月下旬だったんですね。

過去梅雨入りした時期は、最も早い年と最も遅い時期で1か月以上も変わってくるなんて驚きです。

スポンサーリンク

2022年|東京の梅雨明け予想は?


2022年の東京の梅雨明けの予想は、どうなのでしょうか?

2022年|東京の梅雨明け予想は?

2022年の東京の梅雨入り予想は、6月6日から6月15日くらい。

そして梅雨明けの予想は、7月21日から7月30日くらいとなっています。

梅雨明けはどうやって予想してるの?

梅雨明けは、梅雨入り同様1951年からの梅雨明けデータを元に予想されています。

1951年から2021年までの過去71年間のデータからは、平均して7月中旬が一番梅雨明けが多いんです。

2番目に多い時期は、7月下旬。

これらの過去データから、2022年の梅雨明け予想がされているんですね。

スポンサーリンク

東京の梅雨明け平年値は?


東京の梅雨明けの平年値は、どうなのでしょうか?

東京の梅雨明け平年値は?

東京の梅雨明けの平年値は、7月19日ごろ。

過去71年のデータから、7月中旬が一番梅雨明けが多いということで平年値が定められています。

2022年は、平年より若干遅い梅雨明けが予想されていますね。

東京の最も早い梅雨明けは?

東京の最も早い梅雨明けは、2018年の6月29日

7月中旬の平年値からすると、結構早いです。

東京の最も遅い梅雨明けは?

東京の最も早い梅雨明けは、2018年の6月29日でした。

そして最も遅い梅雨明けが、1982年の8月4日

ちなみに2019年の梅雨明けが7月24日、2020年が8月1日、2021年が7月16日

ここ3年くらいは、梅雨明け時期にばらつきがありますね。

スポンサーリンク

まとめ

東京の梅雨入りと梅雨明けはいつなのか、2022年の予想をするとともに、平年値や例年の傾向もご紹介してきました。

2022年の梅雨入り予想は、6月6日から6月15日。

梅雨明け予想は、7月21日から7月30日です。

過去71年間のデータから予想された梅雨入りと梅雨明け予想、2022年は予想通りになるのか注目です。

\10社以上のメディア掲載で話題!/

畳んでも手が濡れない傘を見てみる>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました