天心と武尊の戦績は?どっちが強いかファンの勝敗予想も

天心と武尊の戦績は?どっちが強いかファンの勝敗予想も【画像】 話題のネタ

格闘技イベントとして注目を集めるのが、日本のキックボクシング大会「THE MATCH 2022」。

2022年6月19日(日)に、東京ドームで開催されます。

多くのキックボクシングファンが、この大会を楽しみにしていることでしょう。

このTHE MATCH 2022の目玉となっているのが、那須川天心(なすかわてんしん)さんと武尊(たける)さんのビッグマッチ。

5月31日に地上波中止の発表があって、ショックを受けているファンも多いはず。

それでも天心vs武尊戦の行方、気になりますよね。

どちらが勝利を収めるのでしょうか?

そこで今回は、天心さんと武尊さんの戦績はどうなのか、どっちが強いかファンの勝敗予想についてもご紹介していきます。

天心と武尊の戦績は?


キックボクシング会では、スーパーヒーローの天心さんと武尊さん。

THE MATCH 2022では初の対戦となりますが、お互いにどのような戦績を持っているのでしょうか?

那須川天心の戦績は?

那須川天心さんは5歳で極真空手を始め、キックボクシングに転向したのが小学6年生の頃。

1998年8月18日生まれの、現在23歳。(2022年6月現在)

まだ若くて、これからも成長が期待できる選手です。

天心さんのこれまでの戦績は、なんと41戦41勝

無敗です。

1度も負けたことがないんです。

これは、かなり武尊さんにとって強敵となりそうですよね。

天心さんの、これまでの戦績はこちら。

那須川天心獲得タイトル

RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者

初代RISE世界フェザー級王者

第6代RISEバンタム級王者

BLADE FC JAPAN CUP 55kg 2015 トーナメント優勝

RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝

ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王者

ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級王者

那須川天心の戦績について

天心さんは41戦41勝無敗という、かなりの強者。

これまでにキックボクシング会の王者に挑み、勝利をしてきました。

天心さんがキックボクシング会でプロ入りしたのは、2014年

まだ天心さんが15歳、中学3年生です。

天心さんがプロ入りした翌年、2015年には「RISE」に参戦

数々の強敵を倒し、当時のRISEバンタム級王者村越優汰選手に挑みます。

初の防衛戦となった村越優汰選手に対し、有無も言わせず2RでKO勝ち。

第6代RISEバンタム級王者となりました。

同じ年の8月には、「BLADE.2」に参戦

ここでも決勝まで勝ち残った天心さんは、決勝戦でシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者である内藤大樹選手と対戦。

ここでも、KO勝ちで優勝しています。

主にRISEを戦いの場としてきた天心さんでしたが、2016年12月には「RIZIN」に参戦

ここでも、強敵を相手に全試合で勝利を収めています。

2018年には、RISE世界フェザー級王座獲得2階級制覇達成

2019年にはISKA世界フェザー級王座獲得など、勢いづいています。

武尊の戦績は?

小学2年生の頃にK-1に憧れて、空手を始めた武尊さんこと世川武尊(せがわ たける)。

キックボクシングに転向したのが、高校生の頃。

1991年7月29日生まれの、現在30歳。(2022年6月現在)

攻撃を得意としている選手です。

武尊さんのこれまでの戦績は、なんと41戦40勝

1度だけ、負けているようです。

それでも、かなりの好成績。

無敗の天心さんから、勝利を勝ち取れるのかが見ものです。

武尊さんの、これまでの戦績はこちら。

武尊獲得タイトル

第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者

初代K-1 WORLD GPフェザー級王者

初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者

初代Krushフェザー級王者

武尊の戦績について

武尊さんは41戦40勝、天心さんの無敗とはいきませんがかなりの戦績。

武尊さんもこれまでにキックボクシング会の王者に挑み、勝利をしてきました。

武尊さんがキックボクシング会でプロ入りしたのは、2011年のKrush.12

ちょうど20歳くらいのときですね。

武尊さんは、2013年に「Krush.28」の決勝で寺戸伸近選手と対戦。

ここで勝利を勝ち取り、初代Krush王座を獲得しました。

その後、3度の防衛戦に成功しています。

武尊さんは、その後2015年に「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~」に出場

ここでも、決勝戦で大雅選手と対戦して勝利。

初代K-1 WORLD GP -55kg王座を獲得しました。

2018年にK-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場した武尊さんは、決勝で小宮山工介選手に勝利し優勝。

K-1史上初となる、K-1 WORLD GP王座3階級制覇を成し遂げています。

天心と武尊はどっちが強い?ファンの勝敗予想

2022年6月19日に行われる天心vs武尊戦。

いったい、どちらが勝利を収めるのか注目が集まっています。

K-1ファンは、どっちが強いと予想しているのでしょうか?

那須川天心さんは、この試合を最後にキックボクシングを引退、ボクシングへの転向を表明しています。

天心vs武尊戦のファンの注目度合いが、わかりますね。

まとめ

天心さんと武尊さんの戦績はどうなのか、どっちが強いかファンの勝敗予想についてもご紹介してきました。

さすがK-1界を揺るがす大物同士の対決だけあって、対戦の行方が気になりますよね。

無敗の天心さんがさらに無敗記録を更新するのか、武尊さんが天心さんから無敗記録を奪うのか…

目が離せない試合になりそうです。

なお、天心vs武尊戦は地上波中止となった為、視聴できる方法はABEMAでの配信のみとなりました。

▼天心vs武尊戦のお得な視聴方法についてはコチラもご覧ください。▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました