ソロモンの偽証/ドラマの前評判は?SNSの反応まとめ!

2021秋ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月からスタートする新ドラマ、「ソロモンの偽証」

10月3日からWOWWOW開局30周年を記念して、毎週金曜日に全8回で放送されます。

「ソロモンの偽証」は、超有名な小説家宮部みゆきさんが構想に構想を重ね15年の歳月をかけて書き上げた超大作小説が原作になっています。

すでに「ソロモンの偽証」は2015年にも映画が放映されていて、2016年には韓国でテレビドラマとして放送されている話題作。

原作では1990年代の公立中学校が舞台になっていますが、ドラマではSNSが普及している現代の私立高校になっているので、オリジナルの要素に期待も膨らんでいます。

そんな「ソロモンの偽証」の前評判はどうなのでしょうか?

そこで今回は、「ソロモンの偽証の前評判や口コミは?」と題して前評判や口コミ、SNSの反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

ソロモンの偽証/ドラマの前評判や口コミは?


「ソロモンの偽証」の、前評判や口コミはどうなっているのでしょうか?

ソロモンの偽証の前評判は?

「ソロモンの偽証」の主人公、藤野 涼子を演じるのは「上白石萌歌」さん。

上白石さんは、「いろんなことが交錯する中で、真実や偽り、正義とは何かということを常に問われる物語」だとコメントしています。

「真実にたどり着けたときに彼女たちを待っている光景を見届けてほしい」と語っています。

ソロモンの偽証の口コミは?

「ソロモンの偽証」は、宮部みゆきさんが長年の歳月をかけて書き上げた長編ミステリー小説が原作とあって、小説ファンや宮部みゆきファンには待望のドラマ化と言えるでしょう。

過去の映画を観た人も、ドラマ化に期待が膨らんでいるようです。

また、ドラマ化を機に小説を読み直したいという声も。

小説では中学校が舞台の設定ですが、ドラマでは現代の高校が舞台となっているというところも気になるところです。

ソロモンの偽証はどんなストーリーなの?

「ソロモンの偽証」はSNSが普及する現代の私立高校を舞台とした、ミステリーストーリーです。

主人公藤野涼子(上白石 萌歌)のクラスメイト柏木卓也(野村裕基)の転落死を自殺と断定した警察。

そんなときに涼子に届いた匿名の手紙には、「殺人」をほのめかす内容が…

自殺なのか他殺なのか、真実を追求するべく立ち上がった涼子たち。

どんな展開が巻き起こるのか、毎回ハラハラドキドキしそうです。

スポンサーリンク

ソロモンの偽証/ドラマ放送前のSNSの反応は?

「ソロモンの偽証」は宮部みゆきさんの小説が原作となっていて、過去に映画化・韓国ドラマ化していることもあってSNSでもかなり話題になっています。

SNSではどんな反応があっているのでしょうか?

WOWWOWの加入者が一気に増えそうですね^^

スポンサーリンク

まとめ

「ソロモンの偽証の前評判や口コミは?」と題して前評判や口コミ、SNSの反応をまとめてきました。

小説が原作となったドラマ「ソロモンの偽証」ですが、ドラマならではのオリジナル要素も含まれているようなので、かなり期待ができそうです。

早く本編が観たいというのが、正直な今の気持ちですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました