真犯人フラグ/ドラマ第1話のあらすじネタバレ!家族が突然失踪した?

2021秋ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月からスタートのドラマ「真犯人フラグ」は、日本テレビ系列の日曜ドラマの枠で、2クールで放送予定となっています。

2019年4月から9月まで、2クール放送された「あなたの番です」の製作スタッフが再集結して手掛けた、「あな番」第2弾と話題になっているドラマです^^

「真犯人フラグ」は10月10日に第1話が放送されました。

この記事では、ドラマ「真犯人フラグ」第1話のあらすじネタバレと感想についてまとめています。

「真犯人フラグ」の第1話を見逃してしまった方、ドラマの内容やあらすじネタバレ、ドラマを見た感想が気になる方は是非ご覧ください♪

※あらすじには一部ドラマのネタバレを含んでおりますので、ネタバレ厳禁な方は閲覧をお控え下さいね><

スポンサーリンク

真犯人フラグ/ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想

真犯人フラグ/ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部で働く相良凌介(西島秀俊)は妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の光莉(原菜乃華)、小学4年生の篤斗(小林優仁)の4人家族。

幸せを絵に描いたような相良家の現在は団地に住んでいますが、マイホームを”建築中”という状況でした。

そんななか、いつものように凌介が自宅に帰ると、誰の姿もなく電話をかけても繋がりません。

”3人で映画にでも行っているのだろう”と思い、特段気にもせず凌介は大学時代の友人・日野(迫田孝也)のバーに開店祝いとして軽く飲みに出掛けます。

学生時代を思い出してはしゃぎ、酒が進んだ凌介は深夜に帰宅しますが、真帆達3人はやはり家にはいません。

ここでようやく事の重大さに気付き始めた凌介は、真帆の母に連絡をしますが、何ら情報はつかめず・・・。

そして、翌朝、凌介は警察に捜索願いを出しに行きますが家出の可能性もあるということで全く相手にされなかったのです。

途中で真帆のママ友・朋子(桜井ユキ)に遭遇するも、ここでも情報は得ることができませんでした。

そんな状況を知った出版社に勤める親友・河村(田中哲司)から、週刊誌に”失踪事件”として載せることで話題にしたほうが警察が動くとのアドバイスを受け、記事にしてもらいます。

狙い通りに、この失踪事件はワイドショーやSNSでも話題になっていくのですが、事件は解決どころか人々の憶測が憶測を呼びあらぬ方向へと向かっていきます。

そして、日野がSNSに凌介達とお酒を飲んでいた写真を載せていたことから凌介は一転して犯人扱いされてしまうのでした。

そんな最悪の状況に陥ってしまった凌介が遅くまで自身の勤める運送会社にいると、とある大きな荷物が届き中身を見た凌介は驚愕・・・!

そして、物語は2話へと続きます。

スポンサーリンク

真犯人フラグ/ドラマ第1話を見た感想

真犯人フラグ/ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

2クールで放送されるドラマということで、「まずは初回放送はどんな感じかな」と、割とゆったりと構えて見ていたのですが、初回から頂上から滑り始めたジェットコースターのようにいきなりノンブレーキのフルスロットルでストーリーが展開されていて驚きました。

失踪事件の真相に関しては、第1話では全くわからないのでこれからといったところですが、あちらこちらに伏線がちりばめられているようで油断できないなと感じです><

仲睦まじい家族だったことから”誘拐”という線が高いかも知れませんが、真帆が自らの意思で姿を消したという可能性もあり得ます。

初っ端から、推理しがいがあり見ごたえがある作品だと感じています。

色んな布石や謎解きの断片が見えてくる本番はこれからでしょうし、続きが待ちきれません!

スポンサーリンク

真犯人フラグ/ドラマ第1話についてSNS上の反応を紹介

スポンサーリンク

真犯人フラグ/ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想<まとめ>

この記事では、ドラマ「真犯人フラグ」第1話のあらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

真犯人フラグ第1話が放送されるや、すぐに「真犯人フラグ」というワードがTwitterでトレンド入りを果たすほどに話題となっていましたね。

スピード感あふれる展開の速さに、目を離せない人も多かったのではないでしょうか。

「真犯人フラグ」は第1話から考察要素もたっぷりだったので、伏線などを考えながら楽しめるドラマでしたね。

SNS上での評判も賛否両論はありながらも、高評価な意見が目立っていたような気がします。

「真犯人フラグ」第2話も楽しみですね^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました