2021年節分が2月2日の理由はなぜ?由来や意味も簡単に解説!

話題のネタ
スポンサーリンク

2月3日といえば「節分」ですよね。
世間的には「節分」といえば、2月3日に豆まきをして悪い鬼を退治し、福を呼び込む伝統行事であると思っている人が多いのではないでしょうか。

本来、「節分」は「季節を分ける」という意味があり、「春夏秋冬」各季節の始まる前日のことを指しています^^
今では、主に「立春」の前日のみ「節分」と呼ばれていますね。

・・・しかし、そんな2月3日の「節分」が、2月3日じゃない年があるのです。

なんと、令和3年(2021年)の「節分」は、2月2日です!
知っていましたか?

この記事では、2021年節分が2月2日の理由はなぜなのか「節分」の由来や意味も簡単に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

2021年節分が2月2日の理由はなぜなのか?

2021年の「節分」が2月3日ではなく、2月2日の理由はなぜなのか。

簡単に説明すると、例年だと「立春」となる2月4日の前日である2月3日が「節分」と呼ばれていますが、2021年の「立春」は2月3日である為、「節分」も2月2日にずれるからということが理由となります。

「立春」は、二十四節気(にじゅうしせっき)で春の始まりとともに、1年の始まりとされてきました。

二十四節気とは・・・古代中国において、太陽の動きに基づき、1年を「春夏秋冬」の4つの季節に分け、そこから更に6つに分割した暦のようなものとして考案された手法。

「立春」は、太陽黄経(太陽の通り道を等角に分割した座標)が315度となる瞬間と定められていますが、太陽の動きにも変動がある為、「立春」となる日付にも少しずつずれが生じます。
この為、「立春」がいつになるのかによって「節分」の日が決まるのです。

「節分」が2月3日でなくなるのは、昭和59年(1984年)2月4日以来37年ぶりで、さらに2月2日となるのは明治30年(1897年)2月2日以来、実に124年ぶりだそうです。

2021年の2月2日の「節分」は、124年ぶりのとても珍しい貴重な日になるという事ですね^^

スポンサーリンク

「節分」の由来や意味は?

では、そもそも「節分」とは何か。
「節分」はその名の通り、春夏秋冬4つの「季節を分ける」時期の事であり、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の年4回あり、「節分」はその前日にあたる日を指しています。

古代中国では、「春の始まり」が「1年の始まり」とされていました。(旧暦)
その為、1年の終わりであり大晦日にあたる「立春」の前日が重要な日とされ、年4回ある「節分」の中でも春の「節分」だけが、今もなお、豆まきなどの伝統行事を行う日として定着し、残っているのです。

スポンサーリンク

「節分」に豆まきをする理由は?

季節の変わり目には邪気(邪鬼)が生じるという言い伝えがあり、それを追い払うために悪霊払いの儀式が宮中での行事として執り行われていました。

これは、追儺(ついな)と呼ばれる古代中国の宮中で行われていた行事が起源となっており、中国では、新年とされる「立春」の前日に行われていた追儺が日本にも伝わり、そのまま日本でも宮中の年中行事として定着してきました。

追儺では、弓と矢を持ち都の外へと鬼を追い払う儀式として執り行われてきましたが、いつしか形を変え、江戸時代に「節分」は豆まきをして鬼を追い払う行事として庶民の間に広まりました。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、2021年の「節分」が2月2日の理由はなぜなのか「節分」の由来や意味についても簡単に解説してみましたが、いかかでしたか?

2021年は、暦を定める基準となる太陽の動きの微妙な変動により「立春」となる日付が変わり、それとともに「節分」の日付も変わるという、実に124年ぶりの2月2日の「節分」となります。

例年とは違い、2021年の「節分」は、1日早い2月2日となる為、豆まきをしたり恵方巻きを食べる日を間違えないよう、覚えておいて下さいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました