最愛/ドラマの原作は?脚本家についても!

2021秋ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月から始める新金曜ドラマ、「最愛」

サスペンスドラマでありラブストーリーでもあるという、かなり見ごたえのあるドラマということでかなり話題になっていますよね。

そんな最愛のドラマに原作はあるのか、脚本家についても気になるところです。

そこで今回は、最愛のドラマの原作はあるのか、脚本家は誰なのか、過去の作品についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

最愛/ドラマの原作はある?


最愛のドラマに原作はあるのでしょうか?

最愛/ドラマの原作とは

ドラマの原作となるのは、小説やマンガが多いですよね。

最愛についても、原作があるのかと思っていましたが…

最愛は、原作のない完全オリジナルストーリーということがわかりました。

原作がないので、放送されるまでは誰も内容や結末がわからないということですね。

最愛/ドラマの気になる内容とは

最愛がどんなドラマなのか、簡単にあらすじをご紹介しておきますね。

事の始まりは、15年前の失踪事件。

現在起こっている連続殺人事件の犯人として疑いをかけられている、若き女性実業家

その女性を追っている刑事は、過去に最愛の人だったという事実。

女性実業家を支えている、敏腕弁護士

この複雑な関係の中、15年前の失踪事件と連続殺人事件の関連性が見えてきます。

事件の真相に迫りつつ、それぞれが最愛の人のためにどんな行動を起こすのか、見どころ満載のドラマになりそうです。

スポンサーリンク

最愛/ドラマの脚本家は誰?


最愛/ドラマの脚本家は誰なのでしょうか?

このドラマの脚本家は2人いました。

最愛/ドラマの脚本家:奥寺佐渡子

最愛の脚本家の1人が、「奥寺佐渡子」さんです。

本名:奥寺 佐渡子(おくでら さとこ)

生年月日:1966年2月16日

出身地:岩手県

出身校:東海大学文学部卒業

奥寺佐渡子さんは、もともと脚本家になるつもりはなかったんだそう。

大学時代に書いた脚本が映画製作会社の公募に通ったことが、脚本家への第一歩でした。

でも、当時は脚本家一本ではなく副業として脚本家をしていたようです。

最愛/ドラマの脚本家:清水友佳子

もう1人の最愛の脚本家が、「清水友佳子」さんです。

本名:清水 友佳子(しみず ゆかこ)

生年月日:4月29日

出身地:東京都

出身校:フェリス女学院短期大学音楽科卒業

清水友佳子さんは、音楽学校を卒業後、ピアノ講師をしたり一般の会社で働いていたんだそう。

脚本家としては2000年にデビューしていました。

スポンサーリンク

最愛/ドラマの脚本家の過去作品は?


最愛/ドラマの脚本家、奥寺佐渡子さんと清水友佳子さんは、過去にもたくさんのヒット作を手掛けていました。

奥寺佐渡子の過去作品

奥寺佐渡子さんは最愛の他にも、大ヒットドラマドラマ「Nのために」の脚本も手掛けています。

そして、あのアニメ映画で有名な「サマーウォーズ」の脚本も担当していました。

アニメ映画では他にも、「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」などのヒット作は全て奥寺佐渡子さん脚本です。

清水友佳子の過去作品

清水友佳子さんの過去作品は、ドラマ「不機嫌な果実」「彼女はキレイだった」「エール」など。

他にも数々の連続ドラマの脚本を担当しています。

また、ドラマの他にも映画やアニメの脚本も手掛けており、かなりの実績をもっていることがわかりました。

奥寺佐渡子と清水友佳子の共同作品

奥寺佐渡子さんと清水友佳子さんは、最愛の他にもドラマ「夜行観覧車」「リバース」「私、定時で帰ります。」でも共同で脚本を担当していました。

最愛が初めてではなかったんですね。

スポンサーリンク

まとめ

最愛のドラマの原作はあるのか、脚本家は誰なのか、過去の作品についてもご紹介してきました。

数々のヒットドラマやアニメ映画の脚本を手掛ける脚本家のドラマ。

今から放送されるのが待ち遠しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました