らせんの迷宮/ドラマの原作は?脚本家についても!

2021秋ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月からスタートする新金曜ドラマ、「らせんの迷宮~DND科学捜査~」

本来、2020年4月から放送される予定でしたが、新型コロナウイするの影響で、1年以上も伸びてしまいました。

らせんの迷宮の放送を楽しみにしていた人たちにとって、待望の放送決定ということですね。

そんならせんの迷宮、原作はあるのか、原作者や脚本家が誰なのか気になるところです。

そこで今回は、らせんの迷宮/ドラマの原作はあるのか、原作者や脚本家についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

らせんの迷宮/ドラマの原作はある?


らせんの迷宮のドラマは、原作があるのでしょうか?

らせんの迷宮の原作はある?

ドラマには、マンガや小説など原作を元にして作られたものがたくさんありますよね。

らせんの迷宮も、マンガ「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」が原作となっています。

小学館ビッグコミック増刊号で、2012年6月から2015年10月まで連載されていました。

また、単行本としても2巻完結で発売されています。

らせんの迷宮の気になるあらすじは?

らせんの迷宮とはどんな内容なのか、簡単にご紹介しておきますね。

聖へリック医科大学に勤める、准教授の神保仁

天才と言われるエリート遺伝子科学者で、「DNDは噓をつかない」というのが口癖。

常識はずれな行動から、変わり者だと言われているのですが、とある事件をきっかけに捜査に巻き込まれることに…

その事件というのが、10年前に起こったOLの転落死事故。

当時は自殺として解決していたのですが、ある刑事が他殺の可能性があるという勘を働かせます。

その刑事が、覚山警察署に勤める安堂源次警察官

2人はこの事件の再捜査で知り合うことになり、転落死事故の真相を突き止めていくという内容です。

神保仁准教授と安堂源次警察官がどんな辛味を見せてくれるのかも、見どころですね。

スポンサーリンク

らせんの迷宮/ドラマの原作者は誰?


らせんの迷宮はマンガが原作になっていますが、その原作者は誰なのでしょうか?

らせんの迷宮/ドラマの原作者とは

らせんの迷宮の原作となっているマンガ、「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」の原作者は「夏緑」さんです。

夏緑さんは、大阪府出身のマンガ原作者です。

神戸大学大学院農学研究科・農学部を卒業、今日と大学大学院理学研究科の博士課程を修了しています。

日本分子生物学会の会員でもあり、遺伝子には昔から興味を示して勉強してきたようです。

夏緑さん自身が、遺伝子に詳しいとは驚きですね。

らせんの迷宮/ドラマの作画者とは

マンガ「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」の原作者は夏緑さんですが、このコミックは1人で書いているものではなく、「菊田洋之」さんが作画を担当しています。

菊田洋之さんは、千葉県出身の漫画家です。

菊田洋之さんは、マンガ「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」以外にも、少年サンデーで「オッス!少林寺」や「HORIZON」、ビッグコミックオリジナル増刊で「愛犬しつけ教室プラスわんっ!」など多くのマンガ連載をしています。

スポンサーリンク

らせんの迷宮/ドラマの原作者の過去作品は?


らせんの迷宮の原作者である夏緑さんは、もともとは小説家としてデビューしていました。

1994年に出版した「海賊船ガルフストリーム」がデビュー作で、当時は「なつみどり」だったようです。

夏緑さんの作品は、小説「風水学園」や「理央の科学捜査ファイル」、「魔王学校に俺だけ勇者!?」など数々のシリーズを書いてきていました。

また、マンガの原作としてもビッグコミックでは「獣医ドリトル」「丼どん飯」、メディアファクトリーでは「風水学園」「ぷいぷい!」など、ここでは紹介しきれないくらいの原作を担当しています。

他にも遺伝子に詳しい夏緑さんは、「ポケット図解」や「遺伝子DNAのひみつ」など学術分野の本も書いていました。

スポンサーリンク

らせんの迷宮/ドラマの脚本家は誰?


らせんの迷宮/ドラマの脚本家は、なんと3人!

黒岩勉さん

酒井雅秋さん

福田哲平さん

彼らの腕が結集した、大作となっています。

スポンサーリンク

らせんの迷宮/ドラマの脚本家の過去作品は?


らせんの迷宮/ドラマの脚本家たちの、過去の作品についてご紹介ていきます。

黒岩勉の過去作品

黒岩勉さんは、「絶対零度」「謎解きはディナーの後で」「ストロベリーナイト」など数々のヒット作を脚本しています。

今放送中のドラマ「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の脚本を手掛けているのも黒岩勉さんなんです。

酒井雅秋の過去作品

酒井雅秋さんは、「Dr.コトー診療所」「絶対零度」「レッドアイズ監視捜査班」などの脚本を担当していました。

酒井雅秋の脚本したドラマも、どれもヒットした作品ばかりですよね。

福田哲平の過去作品

福田哲平さんは、「インハンド」「恋する母たち」「レッドアイズ警視捜査班」などの脚本を担当していました。

福田哲平さんも、ヒット作の脚本を手掛けています。

スポンサーリンク

まとめ

らせんの迷宮/ドラマの原作はあるのか、原作者や脚本家についてもご紹介してきました。

人気マンガを手掛ける夏緑さんと、数々のヒットドラマを制作してきた脚本家たちのドラマ「らせんの迷宮」がどんな作品に仕上がってるのか、とっても楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました