及川眠子の年収は?印税がヤバい!

スポンサーリンク

エヴァンゲリオンでも有名な、高橋洋子さんが歌う「残酷な天使のテーゼ」。

また、やしきたかじんさんが歌う「東京」、Winkが歌う「愛が止まらない」。

これらを始め、数々の大ヒット曲を生み出した人気作詞家が「及川眠子」さんです。

そんな及川眠子さんは、いったいいくらもらっているのかが気になりますよね。

今回は、及川眠子さんの年収や印税について、いったいいくらもらっているのか調査していきます。

スポンサーリンク

及川眠子の年収はいくら?


及川眠子さんの年収はいったいいくらなのでしょうか?

及川眠子について

及川眠子さんについて、簡単にご紹介しておきます。

及川眠子さんは、1960年2月10日生まれの、和歌山県出身。

及川眠子さんが作詞する楽曲は、大ヒット作となりかなりの売り上げを出しています。

彼女が手掛けた楽曲は、なんと1000曲以上

まさに神領域ですね。

及川眠子の年収について

及川眠子さんの年収は、3,000万円を超えています。

この年収は、かなり前から安定して得ているようです。

さらに、及川眠子さんが作詞家デビューしてからの年収を換算するとなんと10億円以上になると言います。

想像できませんね。

エヴァンゲリオンなんて、どこに行っても流れていたりしませんか?

及川眠子さんの作詞した曲は、必ずどこかで聴いているはずですよ。

スポンサーリンク

及川眠子の印税がヤバい!


及川眠子さんの印税がヤバいと話題になっていますが、どんな印税が入ってきているのでしょうか?

及川眠子の印税その1:作詞家としての印税

及川眠子さんの年収の大本となるのは、この作詞家としての印税になります。

作詞家といっても、収入源はいくつかあるようです。

作詞を販売する印税

作詞家は自分が書いた詩を、それを歌う歌手もしくは楽曲を提供する事務所などに販売して印税を得ています。

この印税の場合は、販売するときの一時的な収入として得ることになりますね。

作詞を提供する印税

作詞家は、書いた詩を販売するだけでなく提供するという形で印税を得ることもできます

提供の場合は、作詞した曲が売れるごとにその一部が印税として自分の収入になるということです。

本を書く著者が、よくこのような印税を得ていますよね。

この場合は、曲が売れるたびに印税が得られるので、長期ヒットするとその間はずっと収入を得られることになります。

楽曲が起用される印税

作詞家の印税としては、CDが売れる、DVDが売れるということばかりではありません。

カラオケで、よく大好きなミュージシャンの曲を歌いますよね。

このカラオケで歌われる曲にも、印税が発生しています。

及川眠子さんは、このカラオケ印税で1曲1.2円くらいの印税が発生しているそうです。

たったそれだけ?

と思うかもしれませんが、カラオケは全国いや、世界中にあります。

10万人に歌われれば、10.2万円の収入になります。

また、パチンコ店でもよく楽曲が流れていますよね。

あれにも印税が発生しているのです。

作詞家には、実は印税になる方法がいくつもあるんですね。

及川眠子さんの場合、特に大きな印税となったのはエヴァンゲリオンの作詞印税だったようです。

あれは、確かに長期ヒットしていますし今でも人気が衰えていませんもんね。

及川眠子の印税その2:作家としての印税

及川眠子さんは作詞家として有名ですが、実は本も執筆しているのです。

その本の印税も、及川眠子さんの収入源となっています。

文才のある人は、いろんな収入源があってうらやましいですね。

スポンサーリンク

まとめ

及川眠子さんの年収や印税について調査してきました。

及川眠子さんは、1年間に3,000万円超えの収入を安定して得ていました。

これからも、及川眠子さんの作詞した曲を聴くことはあるでしょう。

そのたびに、及川眠子さんに印税が入っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました