「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!あらすじや感想も

「古見さんは、コミュ症です。」
スポンサーリンク

週刊少年サンデーで、2016年の25号から連載中の「古見さんは、コミュ症です。」

5巻では、「尾根峰」さんと「尾鶏」さんが、新たな古見さんの友達となりました。

文化祭では、古見さんも一生の思い出ができたことでしょう。

さて、6巻ではどんな展開になっていくのでしょうか

そこで今回は、「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!」と題して、6巻のあらすじや感想をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!あらすじは?

「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!あらすじや感想【画像】【出典:版元ドットコム】

「古見さんは、コミュ症です。」6巻では、新たな登場人物が出てきます。

古見さんは、友達になることができるのか…

古見さん父親と買い物に

季節も冬になり、新しい服が欲しいと思った古見さん。

同じことを父親も考えていて、母の勧めで古見さんは父親と洋服を買いに出かけます。

古見さん同様コミュ症の父親も、なかなか自分で服を選ぶことができませんでしたが、古見さんはてきぱきと父親の服を選んであげました。

いざ自分の服を買うとなると、お店に入る勇気が出ない古見さんでしたが、偶然お店に来ていた只野兄弟のおかげで、妹に服を選んでもらうことができ、無事にミッションをクリアすることができました。

新しい登場人物

片居くんは、入学式初日から1週間熱を出したことがきっかけで、学校に行くことができずにいました。

そして、2学期も終わりに近づいた今になって初登校してきます。

片居くんは普通の高校生だったのですが、学校に行けない間に体を鍛え、髪を染め、周りからはヤンキーにしか見えない外見になってしまっていたのです。

いたって普通の高校生だと思ってる片居くん。

でも、周りのクラスメイトは怖くて片居くんに近づくことすらできません。

そんなときに、古見さんと初対面。

古見さんは片居くんと目が合ったことに緊張していただけなのですが、片居くんは睨まれていると勘違い。

一方古見さんは、片居くんににらまれていると思い、お互いに恐怖で目が離せずにいました。

そこで片居くんに声をかけたのが、只野だったのです。

只野は片居くんを普通のクラスメイトとして受け入れてくれ、休んでいた片居くんに学校を案内してあげました。

片居くんは、只野が友達になってくれたのが古見さんのおかげだと勘違い。

古見さんを師匠とあがめるようになったのでした。

古見さん猫カフェへ行く

古見さんは猫が大好き。

猫カフェのテレビを見て、猫カフェに行きたいと言い出します。

なじみは猫アレルギー、只野は用事があるとのことで、尾根峰さんと尾鶏さんと3人で猫カフェへ。

かわいい猫たちにキュンキュンする古見さんですが、無表情の古見さんに猫がなついてくれません。

落ち込んでいる古見さんに、1匹の黒猫が近づいてきます。

猫カフェのボスが、古見さんのコミュ症を見かねてそばに来たという黒猫の優しさでした。

スポンサーリンク

「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!読んだ感想は?


人には憧れを抱かれやすい古見さんでも、猫にとっては苦手な存在だったようです。

そんな古見さんのそばにやってきた猫ボスの黒猫の優しさが、心にしみました。

また、只野は片居くんに対して臆せず普通に接することができ、古見さんだけでなく、いろんな人の心が読めるようになってきていることにも驚きです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

「古見さんは、コミュ症です。」6巻ネタバレ!」と題して、6巻のあらすじや感想をご紹介してきました。

6巻では、古見さんに新登場の「片居」くんと「黒猫」ちゃんという1人1匹の友達ができました。

7巻では、冬休みの出来事が描かれそうな予感がします。

>>「古見さんは、コミュ症です。」7巻ネタバレへつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました