観世音寺初詣2022混雑状況は?営業時間やアクセス情報

イベント情報

福岡県太宰府市にある観世音寺(かんぜのんじ)は、奈良時代に創建した歴史あるお寺です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoshi Sata(@satoshi_sata1123)がシェアした投稿

昔は九州の寺院の中でも中心的な存在で、日本最古の梵鐘はなんと国宝なんだとか。

観世音寺には国宝の梵鐘があるほかにも、重要文化財とされる仏像も宝蔵に保管してあり、誰でも拝むことができるんです。

昔から、多くの人たちを守り続けてきた観世音寺。

ぜひ、初詣に参拝に行きたいもの。

しかし、外出規制が緩和したことにより、観世音寺の初詣の混雑状況も気になるところです。

この記事では、
観世音寺の初詣の混雑状況

観世音寺の三が日の営業時間(開門・閉門時間)

観世音寺のアクセス情報や周辺の駐車場情報
について、知りたい情報を簡単にまとめています。
2022年は、観世音寺へ初詣に行こうと思っている方の参考になれば幸いです^^

観世音寺初詣2022混雑状況は?

12月31日~元日
1月2日
1月3日

✖:混雑している △:比較的空いている 〇:落ち着いて参拝可能

太宰府天満宮が近くにあるということで、参拝客が訪れることもあるようですね。

ただ、太宰府天満宮に比べると比較的参拝しやすそうです。

【観世音寺について】

観世音寺は、天台宗の寺院。

奈良時代に天智天皇が創建したのが、観世音寺。

その歴史は古く九州を代表する古寺で、なんと源氏物語にも登場するのだとか。

観世音寺といえば昔から多くの仏像を保有していて、重要文化財に指定されているものも多くあるんです。

一部は九州国立博物館に寄託、残りの16体は宝蔵に保管されていて入って拝むことも可能です。

仏像は5mにも及ぶようなので、あおの迫力は圧巻でしょうね。

昔から多くの人たちが参拝に訪れ、多くのご利益を得ている古き良き寺院。

幅広い祈願に効果が期待できそうです。

観世音寺初詣2022の営業時間(三が日の開門閉門情報)

営業時間(開門/閉門時間)
12月31日~1月1日 不明
1月2日 不明
1月3日 不明

初詣の日程は、1月1日から1月3日までとなっていて、参拝時間については不明なのですがおそらく24時間参拝できるでしょう。

観光スポットとしても人気のあるところなのですが、近くに太宰府天満宮があることでそこから参拝客が流れてくることもあるようです。

元旦はもちろん、2日、3日も日中は混雑が予想されそうですが、太宰府天満宮に比べると参拝しやすいのかも。

観世音寺では、三が日を避けた分散参拝が呼びかけられているようです。

早朝か夕方なら、比較的余裕をもって参拝できるでしょう。

重要文化財の仏像を拝見するなら、宝蔵の開館時間は9時から17時なのでその時間内に参拝しましょう。

観世音寺初詣2022甘酒振る舞いの有無

観世音寺では、甘酒の振る舞いについての情報がありませんでした。

観世音寺がある太宰府市は、名物の「梅が枝餅」のお店が多く軒を連ねています。

初詣の後に休憩がてら梅が枝餅を食べながら、ほっと一息つくのもいいかもしれませんね。

初詣時期は、甘酒もありそうです。

観世音寺初詣2022アクセス情報や周辺駐車場情報

【観世音寺基本情報】

神社名:観世音寺

所在地:〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺五丁目6番1号

問い合わせ電話番号:092-922-1811(宝蔵)

駐車場:あり

交通アクセス:まほろば号 観世音寺前下車すぐ

西鉄五条駅下車徒歩10分

公式ホームページ:なし

観世音寺に駐車場はありますが、初詣期間は使用できない可能性があります。

また、多くの参拝客が訪れるので駐車場空き待ちになるでしょう。

西鉄電車で五条駅から徒歩10分くらいなので、電車で行った方がスムーズに入れます。

また、バスなら観世音寺前にバス停があるので、バスを降りてすぐが観世音寺。

公共交通機関のほうが、間違いなさそうです。

観世音寺初詣2022混雑状況は?営業時間やアクセス情報<まとめ>

この記事では、観世音寺初詣2022混雑状況は?営業時間やアクセス情報についてまとめてみました。

観世音寺は観光スポットとしても人気のある所なので、初詣も混雑が予想されます。

観世音寺に初詣に行くなら、公共交通機関を使っていくのがおすすめ。

せっかく参拝に行くなら、重要文化財に指定された仏像も拝んで御利益をたくさんいただきたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました