婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終話ネタバレあらすじ!

はんおしドラマ最終話ネタバレあらすじと感想【画像】 2021秋ドラマ


「婚姻届に判を捺しただけですが」は12月21日に最終話が放送されました。

この記事では、ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」最終話のあらすじネタバレと感想についてまとめています。

「婚姻届に判を捺しただけですが」の最終話を見逃してしまった方、ドラマの内容やあらすじネタバレ、ドラマを見た感想が気になる方は是非ご覧ください♪

※あらすじには一部ドラマのネタバレを含んでおりますので、ネタバレ厳禁な方は閲覧をお控え下さいね><

婚姻届に判を捺しただけですが最終話のあらすじネタバレと感想

○○ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

「婚姻届に判を捺しただけですが」ドラマ第10話の、あらすじネタバレをご紹介していきます。

お揃いのルームウェア

やっとお互いの気持ちが通じ合った明葉と百瀬。

また、1から付き合うところからの再スタート。

仕事から帰った百瀬に、明葉からのサプライズプレゼント。

それは、お揃いのルームウェアでした。

驚く百瀬に、明葉は恥ずかしいかと尋ねるも百瀬は快諾。

お揃いのルームウェアを着た2人は、明葉のお気に入りのソファで並んでビールを楽しみながら会話を弾ませます。

明葉が話していると、急に明葉の方に百瀬の顔が。

ついに男女の関係に…

と期待した明葉でしたが、仕事に就かれた百瀬は明葉の肩ですやすや眠っていたのでした。

美晴に偽装結婚がバレていた

明葉との復縁を旭に報告。

大喜びの旭は、赤飯にしようと買い物に。

美晴と2人になった百瀬に、美晴は「今度は正式な結婚なのか」と聞いてきます。

びっくりした百瀬でしたが、美晴は百瀬が他の人のことが好きで明葉と偽造結婚をしていたのだということに気づいていたのです。

百瀬は美晴にずっと好きな人がいたと打ち明け、美晴に今までありがとうと。

美晴は百瀬に今度こそ幸せになってほしいと、百瀬に告げるのでした。

明葉と百瀬のすれ違い

一度離婚した明葉と百瀬。

百瀬は、今度は本当に明葉のことを好きで結婚したいと考えていました。

一方明葉は、もっとお互いのことを知っていくことが大事だと。

この2人の気持ちから、すれ違いが出てきてしまったのです。

結婚式場を仮予約したことを明葉に告げた百瀬。

夫婦とは何なのか、すぐ夫婦になる必要があるのかなど百瀬に問いただします。

明葉に、今までつながりのなかったクライアントから指名で仕事が来ていたのも、明葉の実力ではなく百瀬がうちの妻がと宣伝したものだと知った明葉。

複雑な気持ちから、明葉は百瀬に対して正直になれずにいたのです。

2人の気持ちがすれ違う中、なんと家を明け渡さなければならなくなります。

好きの形

結婚を望んでいないのであれば別々に暮らしたほうがいいと考える百瀬と、一緒にいることを望む明葉。

結局、明葉は祖母の家に住むことに。

荷物をまとめ、ソファは手放すことにした明葉。

明葉に頼まれてソファの引き渡しに立ち会った百瀬でしたが、業者が引き取っていったあとそのトラックを追いかけます。

明葉の仕事帰りを待っていた百瀬は、明葉に自分の想いを伝えます。

そして明葉も百瀬に結婚しようと。

いろんな好きの形があってもいい。

でも、明葉と百瀬は1枚の婚姻届けから始まったから、またここからスタートしようと決意したものでした。

婚姻届に判を捺しただけですが最終話を見た感想

○○ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

お互いの想いが伝わった時点で終わるのかと思っていましたが、もう一波乱ありましたね。

でも、明葉と百瀬の恋を周りのみんなが応援して支えてくれていたんだなと、しみじみ感じました。

明葉と百瀬だけじゃなく、みんながいろんな好きの形を作っていってほしいなと感じた最終話でした。

婚姻届に判を捺しただけですが最終話についてSNS上の反応を紹介

婚姻届に判を捺しただけですが最終話のあらすじネタバレと感想<まとめ>

この記事では、ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」最終話のあらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

お互いに両想いになったものの、お互いに思い描いていた恋人が違っていたことで破局になるのではと心配しましたね。

でも、最終的に2人の気持ちが固まって再スタートを切れてよかったです。

みんながそれぞれの好きの形で、幸せになるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました