婚姻届に判を捺しただけですがドラマ8話ネタバレ!百瀬の離婚宣告

はんおしドラマ8話ネタバレあらすじと感想【画像】 2021秋ドラマ


「婚姻届に判を捺しただけですが」は12月7日に第8話が放送されました。

この記事では、ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話のあらすじネタバレと感想についてまとめています。

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第8話を見逃してしまった方、ドラマの内容やあらすじネタバレ、ドラマを見た感想が気になる方は是非ご覧ください♪

※あらすじには一部ドラマのネタバレを含んでおりますので、ネタバレ厳禁な方は閲覧をお控え下さいね><

婚姻届に判を捺しただけですが第8話のあらすじネタバレと感想

○○ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

「婚姻届に判を捺しただけですが」ドラマ第8話の、あらすじネタバレをご紹介していきます。

明葉の家出

明葉の告白を受け入れてくれた百瀬。

やっと明葉の想いが通じて、両想いになれたと喜んでいたのもつかの間…

百瀬との話の食い違いに疑問を感じてきた明葉は、百瀬が明葉の気持ちを「LOVE」ではなく「LIKE」だと勘違いしていることに気づきます。

ハグをしてもキスをしても、愛の告白をしても全く明葉の気持ちが伝わらないことに我慢の限界を超えた明葉は、家を出ていくと百瀬に言い放ってしまいます。

百瀬の自宅にやってきたのは…

家出をした明葉に、偶然仕事でコンペの話が舞い込んできます。

コンペに打ち込むために、職場に泊まり込むことにした明葉。

一方、家に取り残された百瀬は、明葉の気持ちがわからなくて悩みまくり。

受付の麻宮祥子から、明葉の気持ちを聞き出そうとするもできず。

家で1人食器を洗っているところに、インターホンが。

明葉が帰ってきたかと思って玄関を開けると、なんと唯斗の姿が

ルームメイトと喧嘩して、住むところがなくなったと転がりこんできたのです。

明葉の親友だと語る唯斗なら明葉の気持ちがわかるのではないかと、住むところが見つかるまで家にいてもいいという条件を付けて聞き出そうとするも、教えてはくれませんでした。

唯斗をかばう百瀬

明葉に帰ってきてほしいとメールをしたいのに、なかなか実行に移せない百瀬。

そんなとき明葉の職場の人と飲みに行くという上司について、居酒屋へやってきた百瀬。

そこで、明葉が職場に泊まり込んでいることを知らされます。

居酒屋の席には、唯斗の姿も。

帰りにお会計をしにお金を預かってレジに向かおうとする唯斗の前に、なんとルームメイトの女性が現れます。

唯斗のことをチャラチャラして口先ばっかりだと罵倒する女性に対して、百瀬はそうじゃないと唯斗のことをかばうのでした。

唯斗の言葉に目覚めた百瀬

居酒屋で、唯斗のルームメイトの女性にほほを思いっきり叩かせた百瀬。

家に帰った唯斗は、百瀬にほほを冷やすよう氷のうを渡したのでした。

自分のことを悪く言われることを何とも思っていないという唯斗に、百瀬は自分のことを語り始めます。

初めは自分の気持ちを誰にもわかってもらう必要はなかったはずなのに、明葉に出会ったことで自分を理解してもらうことができたことが嬉しかったんだと。

その言葉を聞いた唯斗は、百瀬に「自分の気持ちに気づけ!」と叫んだんです。

美晴のことが好きだと思い込んでいた百瀬は、一晩中考えました。

そして百瀬は、明葉のことが好きなことに気づきます。

翌日唯斗にお礼を言うと、百瀬は明葉のもとへ。

明葉にハグをしていいかと尋ねてハグをした百瀬。

そして言い放った言葉は「離婚してください」

婚姻届に判を捺しただけですが第8話を見た感想

○○ドラマ第1話のあらすじネタバレと感想【画像】

明葉の気持ちがやっと通じたかと思ったら、なんと友達。

こんなに鈍感な男性を初めてみました。

でも、終盤になってやっと自分の気持ちに気づけた百瀬。

てっきり愛の告白をするかと思っていましたが、まさかの離婚してくれなんて!

振り回されてばかりの明葉がかわいそうになってきます。

婚姻届に判を捺しただけですが第8話についてSNS上の反応を紹介

婚姻届に判を捺しただけですが第8話のあらすじネタバレと感想<まとめ>

この記事では、ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話のあらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

やっと明葉のことが好きだと気づけた百瀬ですが、離婚を提案してしまいましたね。

いったいこの2人の関係は、どうなってしまうのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました