【箱根駅伝2021】青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析

スポンサーリンク

2021年(令和2年度)1月2日(土)~3日(日)に『第97回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)』が開催されます。

10月17日(土)に箱根駅伝2021の予選会が開催され、シード校である10校に加え、予選会を突破した10校、そして、関東学生連合を合わせた計21チームの本戦出場が決定しました。

この記事では、

【箱根駅伝2021】青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析

と題して、青山学院大学のエントリー選手やチームの特徴・戦力分析をご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

箱根駅伝2021・青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析【エントリー選手一覧とプロフィール】

★マーク:駅伝主将

ナンバー 氏名 学年 出身地・出身校 記録
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14

※情報がわかり次第追記していきます。

スポンサーリンク

箱根駅伝2021・青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析【注目選手は?】

日本学生陸上競技対校選手権大会で5000m8位入賞した4年生の吉田圭太選手

過去出場の駅伝でも区間賞は獲得しておらず、今回の箱根駅伝ではエースとしてどの区間を任されても区間賞を狙い、優勝に貢献する選手するとみられています。

「4年生として後輩にいい思いをさせて僕は卒業したいと思っていますし、僕自身、大学生活で悔いが残らないようにレースをしていきたいと思っています」

上記のように、吉田選手も語っており、ラストイヤーへ懸ける想いは強く、その走りにも期待ができそうです^^

 

続いて、青学の“5年生”である、竹石尚人選手にも大注目です。

2年生の時は5区で足がつりそうになるもそれをカバーして『準・山の神』ともいえる走りで優勝に貢献するも、3年生の時はブレーキになってしまって、優勝を逃す大きな敗因になってしまいました。

さらに、4年生では身体の故障と調整不足の為、エントリーできず・・・

悔しさから『もう一度箱根駅伝に挑戦したい』との強い想いで留年を選択した竹石選手がどのようなラストランを見せてくれるか楽しみです!

スポンサーリンク

箱根駅伝2021・青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析【チームデータと戦力分析】

※情報がわかり次第追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

【箱根駅伝2021】青山学院大学エントリー選手一覧と戦力分析

と題してまとめてみました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました